fc2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

眼科医のお医者さんがいましたら確認してもらいたいです

集団ストーカー加害組織より2006年1月よりテクノロジー犯罪を受けるようになりました。

約15年6ヶ月

主に、目を狙われています。

この犯罪においては
物理的な傷害の痕が残ります。



001.jpg


上瞼裏にはすでに傷害の跡が残っています。
興味のある眼科医のお医者さんがいましたら、
ぜひ患部を確認してください。


嘘かホントかわかることでしょう。


約15年6ヶ月
上まぶたに電磁波を照射され続けると
どうなるのかを見てください。




加害組織は顔面崩壊でもさせるつもりでやっているのでしょう。

長期の電磁波照射により瞼の裏に腫瘍を作る⇒顔面崩壊

2015-07-31_094513.jpg




テクノロジー犯罪による私への加害

1.長期の電磁波照射により上まぶた裏に腫瘍を作る

2.長期の眼球への電磁波照射により中年以降に白内障(などの目の障害)にして失明させる

私の行く末を見ていただければ、テクノロジー犯罪の存在を確信できることでしょう。

ここに書いてる通りになりますから。



被害者は多数います↓
特定非営利活動法人テクノロジー犯罪被害ネットワーク

01_202107011656289f2.jpg
02.jpg
  1. 2031/07/01(火) 17:09:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MEMOはじめ

・無理な言いがかり・因縁付け(2014/11より虚偽の電話を警察にしている 部屋で暴れていると嘘の電話 毎日警察官が来る 多い日は1日に朝、晩2回 3ケ月続く)⇒被害届⇒逮捕させるという流れ
・瞼の裏に腫瘍を作る電磁波照射
・目への電磁波照射 高輪クリニックにて確認済(確認できるデータ残ってます)
・左の頭への電磁波照射⇒右半身不随 高輪クリニックにて確認済(確認できるデータ残ってます)
・放火(火事も起こそうと狙ってますね)
・濡れ衣を着させようと狙ってます
・自殺しません(自殺に見せかけた他殺疑ってください)
・失踪もしません(拉致・誘拐を疑ってください)

現在居住地 豊中市東豊中町6-11 シャレール東豊中
  1. 2030/02/13(水) 22:18:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

今日の言いたかったことは、もし自分の大切なモノが盗られてしまった場合、
・ すべて、くれてやる。
・ その代わり、私の因果も持って行け。

このように思っていることも、参考にして頂ければと思います。
後悔と悲しみに暮れるよりも、この心境で居るほうが、相手には負荷が掛かりやすいのです。
相手に、何かが起こりやすく成ります。

(伊勢白山道)
  1. 2023/05/24(水) 13:14:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苦労と守護霊の話

自分が厳しい状況の時に何を思うのか?
自分が弱い立場の時に、何を感じるのか?
人は、自分が苦しい時にこそ、自分の本性が出ています。

今朝に思いますことは、
・ 苦労が無いことが、本当の守護では無いということです。
・ 強い守護霊が守る人ほど、苦労と試練の人生スケジュール管理が、人生に隙間なく埋められていることです。

まあ、次から次へと、様々に種類を変えた苦労の変化球が、人生に「順番に」やって来る人がいます。
でも、よく考えて見ますと、その苦労の課題が3つも同時に重なっては来ない不思議に気付いて欲しいのです。
強い守護霊が付いている人ほど、1つずつ、人生の課題の苦労が途切れなくやって来ます。

まるで旅行に行った時に、行く場所や体験する内容を、時間単位で決めてスケジュール管理をするのと同じなのです。
守護霊は、短い人生期間(たった80年ほど)に、ムダなく様々な体験をフルに盛り込んで、その魂の成長に挑戦させます。

そして、「有り難い」という気持ちが分かることを期待しています。

え? 自分には2つも同時に苦労の不幸がやって来ましたと?
その場合は、身から出た錆(さび)に注意をしてください。
自業自得の場合は、嫌なことも不幸も重なることが有ります。
でも、強い守護霊が付いている人には、これは無いのです。自分が挑戦するべき課題が、1つずつ来ます。
守護霊が付いて居る = 苦労のスケジュール管理も、きっちり厳格にされています。

そして、自分が苦しい時ほど、守護霊も、縁ある守護神(内在神)も本人のことを観ています。
「頑張れ〜」と思いながらも、手出しはしません。
その本人の魂の成長を起こすように、ギリギリの雑巾を絞るような境界線を、注意深く観て管理しています。
ただし、本人の魂を壊すようなオーバー負荷は、陰で強制的に排除をしてくれています。
これが本当の正しい守護霊・守護神のやり方です。

すると、昔の人は、この仕組みを見抜いていたのです。
やって来る苦労にも、そこに神様の御蔭を感じていました。
それが命に関わるような事案であっても、それでも「お蔭様」と思いながら耐えている御方が多かったのです。

この「お蔭様」の仕組みが直感で分かる人は、そういう心境の生き方の継続の先には、次に「お任せ」という心境にステージが上がります。
嫌なことや、苦しいことは生きていれば来ます。
でも、それにも真からは動揺せずに、「お任せ」で居られる心境に成ります。
この心境に成れれば、来る苦労の課題も無くなっているものです。

もし苦労が来ましても、どんな苦労も「自分と家系の因縁の昇華のためにムダでは無い」、これを信じて欲しく思います。
誰もが、生老病死、死に向かって明るく歩いている最中です。
せめて生きている短い期間は、来る苦労にも負けずに、何とか明るく生きる人が、最も偉い御方です。死後は、観音様に成られます。

(伊勢白山道)
  1. 2023/05/22(月) 13:06:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未来と、「知る」ことの大切さ
2023-05-15 12:21:45 | Weblog
未来を知ろうとしますと、先に進むほどに未来のパターンが段々と複数に増えて行きます。
つまり、遠い未来ほど「固まっていない」のです。
未来が「決まっていない」という表現よりも、「まだ固まっていない」が合う感じがします。
個人を視ても、複数のパターンの未来が存在します。

「未来が固まる」という表現で思い出すことは日本神話の国生み神話です。
イザナギ神とイザナミ神が、地球が泥海状態でまだ大陸が無い時に、天沼矛(あめのぬぼこ:剣の形をしており丸い玉が装置として剣に複数も付いていた)で地球の泥海をかき混ぜて、その先端から落ちるしずくにより、淤能碁呂志摩(おのごろしま:淡路島と周辺の島)という陸地が地球に初めて生まれだしています。
(ウィキペディアより)

大陸がまだ存在しない無の状態から、大陸が有る状態にする時に、泥海を「固めた」のです。
だから自分の未来も、これから「固めて」行くべきものなのです。
ハンバーグを作る時も、先に複数の材料を集めてから、各材料を整えて手を加えた後に、バラバラだった材料を順番に合体させて、ハンバーグに固めて行きます。

だから、自分が就活する場合も、情報集めから始めて、未来に向けて固めて行くことが、将来に自分が給与を得る現実を創ります。
つまり誰もが、今の自分がすることが、未来の何かを既に固め始めていることを意識して欲しいのです。

これを認識していないと、もし自分が何かの不運に遭えば、まるで運が悪かったかのように被害者の気分で気付きがありません。そういう現実を固めた過去の自分の行動と思考に気付かないことには、何度でも悪い未来は来ます。
今の自分が未来を常に固め始めていることに、気付く必要があります。

えっ? もう未来が生まれ出しているの?
と真剣に思えれば、今の自分の行動と努力の具合が変わります。もっと、頑張ることが出来るかも知れません。

未来は、固めて行くものだ。
このように考えますと、1度固まったものは、簡単には変わらないことが分かります。
固まった未来は、本当に来やすいのです。
ここで、「未来は決まっている」という誤解を生み出します。

未来は決まっていません。常に今が、未来を固め始める起点です。
今、反省すれば、行動を改めれば、固まり始めた未来も変わります。
だから、「気付き」が大切なのです。

人には常に、「気付き」と「反省」が無ければ、そのままの状態が続き、未来をどんどん固めて行き、不動のものにします。
そして、未来を変えるには、知識と、情報や何でも「知ること」が大切なのです。

昔に聞いた、無料の凄い霊能力者のことを思い出します。
その人は、相談を聞く前から、その内容が自分の手に負えるか否かが分かる御方でした。
知人から「こういう困っている人が居るから、会ってあげて欲しい」と頼まれた場合、
・ それ以上、一切何も私に聞かせないで欲しい。
・ あなたも、もう関わってはダメだ。
ということが有るそうです。

つまり、その内容を聞くだけで、もし相談者に大きな霊的な問題が有れば、聞くだけで未来が変わる、その内容を聞いただけで病気にも成るし、呪われることが有る、という話を知人にしたそうです。

つまり、私が言いたいことは、「知ること」とは凄い影響力を持ち、未来にも影響するのです。
だから有益な良い話を聞くだけでも、自分の未来に良い影響をしています。
他人の悪い話は、注意情報として知るのは有益ですが、霊的な話の場合は、聞くだけで自分が損をすることが有るので注意してください。

読書も、知識を増やし、他人の思考の苦労の結果の産物だから、自分が労せずに「気付き」を得やすく成ります。
様々な読書をすることで、自分の未来を良い方向に変えることが可能であることを、真剣に受け止めて頂ければ幸いです。様々な分野の読書をすれば良いと思います。

(伊勢白山道)
  1. 2023/05/15(月) 13:12:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

・ 今の場所で休む覚悟をして、座って火を起こしてコーヒーや御茶を飲む。 ・ もう時間も気にせずに、慌てない覚悟をする。 ・ しばらくここでテントを張って過ごしても良いと明るく思うこと。 このように動かないで居る時は、幻覚も、奇異な言葉も一切聞こえ無かったそうです。 そして休んでいる間に、大体の現在地と進むべき方向が分かって、遭難せずに済んだとのことです。 人生の進路で迷っている時ほど、 ・ 他人の発言を気にしたり、他人からの言葉を探している自分が居るはずです。 ・ 他人がしている仕事や生活が、良さそうに見えるものです。(実際には様々な問題がどこでも有る) ・ 自分が現状を変えることで何かを得られるという間違った幻想を、今よりもマシだと、信じ込みやすい。 自分が進路に迷っている時ほど、上記のような点が無いか、注意を参考にしてください。

どんな嫌なことも期間限定のコノ世だ

山に関する奇異を調べていて、日常生活や人生の進路に迷った時に参考になるものが有りました。
古来人が住んだことも無い本当に山深い地域では、ベテランの登山者でも迷うことが有るそうです。
日本の奥深い山では、今でも方位磁石が機能しない地域が複数有るとのことです。

そういう中でも特に古代に山岳信仰の修行道だった山岳では、道に迷うことがベテラン登山者にも起こるそうです。
道に迷って右往左往して動いている時ほど、
・ 様々な幻覚を見る。それも何度も何度も、有り得ないモノをリアルに見る。
・ 公衆電話のBOXが遠目に見えるが、そこに行くと無い。(有るはずがないと分かっていながらでも見える不思議)

・ 次が問題なのですが、様々なことを教える言葉が、耳元や背後から聞こえるそうです。
その内容は、アチラに進めば避難小屋が有るとか、温泉が湧いている場所はコチラとか、そのまま進めば助かるとか、具体的な声が聞こえるそうです。
過去に霊体験をしたことも無ければ、まったく信じないベテラン登山者でも、そういう指導するような声が聞こえるそうです。
でも、そのすべての教える言葉は、間違っていて、逆に断崖絶壁へ誘導する言葉だったとのことです。怖

以上のすべては、地図と時計を見ながら焦って動いている最中ほど、リアルに体験したとのことです。

そこでベテラン登山者は、登山の鉄則を思い出して、
・ 今の場所で休む覚悟をして、座って火を起こしてコーヒーや御茶を飲む。
・ もう時間も気にせずに、慌てない覚悟をする。
・ しばらくここでテントを張って過ごしても良いと明るく思うこと。


このように動かないで居る時は、幻覚も、奇異な言葉も一切聞こえ無かったそうです。
そして休んでいる間に、大体の現在地と進むべき方向が分かって、遭難せずに済んだとのことです。


人生の進路で迷っている時ほど、
・ 他人の発言を気にしたり、他人からの言葉を探している自分が居るはずです。
・ 他人がしている仕事や生活が、良さそうに見えるものです。(実際には様々な問題がどこでも有る)
・ 自分が現状を変えることで何かを得られるという間違った幻想を、今よりもマシだと、信じ込みやすい。


自分が進路に迷っている時ほど、上記のような点が無いか、注意を参考にしてください。
誰もが魑魅魍魎(ちみもうりょう)が住む社会の中を登山中です。
様々な心配事は実際に有ります。
でも、それに呑まれずに、その中でも楽しんで生きることが人生だと私は感じます。

私の好きな言葉に、
「板子(いたこ)一枚下は地獄」
が有ります。
船の底の薄い板の一枚下は深い海であり、一度落ちたら生還できない未知の世界が在ります。
漁師や船員は、いつ命を落とすかわからない危険な命懸けの仕事をしています。

でも、生きるとは、誰もが死と隣り合わせの中を生きています。
誰もが「板子一枚下は地獄」の中で、喜怒哀楽を繰り返しています。
そういう中でも、どんな嫌なことも一期一会の生きている間だけの貴重な体験だと思えれば、そういう人の人生は、
「板子一枚下は天国が待っている」
に変わると私は感じています。

人は、死を明るく受け止めて、すべては期間限定の貴重な体験をすると覚悟を決めた瞬間から、見える景色が変わり始めると感じます。
皆様の参考に何かなれば幸いです。

(伊勢白山道)
  1. 2023/05/14(日) 13:41:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人は、幸福を感じれば、直ぐに幸福を失くした時のことも考え始めるものです。 でも私は、これで良いと思います。これも「リスク管理」の本能だと思うからです。 大切なことは、 ・ 自分の不安感を、無理に無くそうとして悩まなくても良いということです。 ・ 不安を感じる自分を、ダメだと思わなくても良いです。この世では、 ・ 不安を感じた場合は、有り難い天からの指摘だと思い、その不安へ対応するための努力を1つして置くこと。 ・ 自分の良心の後悔が無いように生きること。 ・ そして、それ以上の不安は無視で流して行けば良いのです。 ・ 1度不安として認識したことは、それを忘れても良いのです。後は、無意識下の自分が自然と対応します。

不安でOK

ローマ帝国時代の哲学者、政治家でもあるセネカの言葉を読んで笑ってしまいました。

・不安の原因は、幸福からも不幸からも生まれるから、人から不安は決してなくならないだろう。

という指摘でした。
ドラマのセリフに良くある「幸福過ぎて怖い」という言葉も、まさにこれです。
人は、幸福を感じれば、直ぐに幸福を失くした時のことも考え始めるものです。
でも私は、これで良いと思います。これも「リスク管理」の本能だと思うからです。


大切なことは、
・ 自分の不安感を、無理に無くそうとして悩まなくても良いということです。
・ 不安を感じる自分を、ダメだと思わなくても良いです。

・ どんな幸福そうな人からも、不安は消えていないのです。不安が無いように見えるだけです。
多くのカネも物も家族も持つほどに、後はそれを失くした時の想像の不安は増すのです。

すべては、この世で失くして置いて行くモノばかりです。
最後は、肉体も、本名さえも戒名となり、消えて行きます。

・ だから、どんな人からも不安は消えない。大切なことは、完全に不安に呑まれないことが大切です。

つまり、この世では、
・ 不安を感じた場合は、有り難い天からの指摘だと思い、その不安へ対応するための努力を1つして置くこと。
・ 自分の良心の後悔が無いように生きること。
・ そして、それ以上の不安は無視で流して行けば良いのです。
・ 1度不安として認識したことは、それを忘れても良いのです。後は、無意識下の自分が自然と対応します。

「ケセラセラ」:スペイン語で「なるようになるさ」「自分なりで良いよ」の意味です。
時間が経てば、消えて行くモノばかりだから、自分の命を削るように悩まなくて良いです。


セネカの別の言葉に、
・ お金のない人が貧乏なのではない。お金をたくさん欲しがる人が貧乏なのだ。
という指摘も有ります。

ことわざに、
・ 起きて半畳寝て一畳、天下とっても二合半。
どんなに偉い人でも、起きている時は半畳で間に合い、寝ても一畳でこと足りる。
そして天下を取った将軍でも、1度に二合半も御飯を食べれば満腹です。

つまり、人間は、少ないモノでも十分に満足します。
しかし、多くの他人を見るほどに、切りがなく欲心が湧くように出来ています。

自分を静観することで、人間のサガというものを良く知り、これで十分だと思えることが悟りです。
だから悟れば、安心と満足に包まれます。

(伊勢白山道)
  1. 2023/05/13(土) 17:03:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんという美しい姿なのか!



痛みにも
飢えにも
負けていない。
  1. 2023/05/13(土) 14:42:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外ではテレビ報道されている



https://youtu.be/2lZNiEaKSm0
  1. 2023/05/05(金) 14:36:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【マインドコントロール】人間の意識の誘導とコントロールに注意の1年

「第3回目」 今年の気になるテーマ

次の今年の気になるテーマなのですが、
・ 今年のテーマ5は、人間の意識の誘導とコントロールの実用化です。

まさに2年前ぐらいから気になり出したのですが、ニュースで報道されるような有名な事件なのに、
・ 自分が犯人ではないか? と真剣に悩む読者が、わずかですが見られることが始まりました。

第三者から冷静に見れば有り得ない笑い話なのに、真剣に自分が関係したと思い込む現象です。
質問を受けて私が何度も「それは関係ない」「大丈夫」と言いましても、テレビの報道と自分自身を結んで密かに真面目に悩む人が見られ出しました。
精神科への受診をお勧めして、通院治療しているのに、まだこの傾向が見られます。

この現象に関して、私の夢想として原因をリーディング(その背景の霊的磁気を読むこと)して行きますと、興味深い「例え」の光景を幻視しました。
その内容は、

・ 親子で、幼児に小さなボールを投げさせて、2m先の人形に当てて倒すゲームをしていました。
でも、幼児が投げるボールは当たりません。
・ すると親が、幼児がボールを投げた瞬間に、手で人形を倒して上げました。
・ 幼児は、自分が投げたボールが命中したと思い歓喜します。
・ 親は、微笑んでいました。

この暗示の意味は、今年も様々な人為による事件が発生することでしょう。
そして、捕まった犯人も、自分の罪を認めているとします。
ところが、それは真実なのか?ということなのです。

その「捕まるような」犯人の意識がコントロールされていないか?
ということです。
あれっ? これ以上は、この話題に関しては触れません。天からの中止サインが入ります。
警察を信じましょう。

とにかく今年から特に、自分自身の思い込みに注意をして欲しいのです。
もし、自分が強く心配することが有れば、それを冷静に静観をして欲しいのです。
それは、本当の自分か?
それは、誰か?


人に思い込みをさせることが可能な技術の実用化。
これに注意します。


以上は根拠の無い夢想です。

(伊勢白山道)

>とにかく今年から特に、自分自身の思い込みに注意をして欲しいのです。
>もし、自分が強く心配することが有れば、それを冷静に静観をして欲しいのです。
>それは、本当の自分か?
>それは、誰か?

なるほど・・・意識誘導もありえますね。


マインドコントロールにも十分注意!

テクノロジー犯罪はそれを可能にする技術です。

・犯罪者にさせられない
・自殺させられない


犯罪者にさせられていたら・・・
自殺していたら・・・


テクノロジーによる犯行を疑ってください。


・真面目に生きてます。
・自殺は絶対にしません。
  1. 2023/01/03(火) 13:30:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分を救う方法とは、外から受ける嫌な刺激を、 受け取らないことだ。 自分が気にしないことが、 真に自分を救う方法だ。 ・ これを自分の独自の方法で、自分なりに見つけることが求道であり、 自助努力によって作り上げていくのが人生なんだ。タリラリラーンと生きながら、 その中で、 自分が自然と感じたことは準備する、備える。 そしてまた、タリラリラーンと軽やかに生きることが参考に成れば幸いです。

「タリラリラーン」は深い

今朝は、釈尊の言葉を思い出していました。

・ 本当に真から自分を救う方法とは、本当のことを言ってしまうと、ネタバラシをしてしまうと、率直に言ってしまうと、・・・・

・ 本当のことを言うと、(マダ イウノカイッ!)
自分を救う方法とは、外から受ける嫌な刺激を、
受け取らないことだ。
自分が気にしないことが、
真に自分を救う方法だ。


・ これを自分の独自の方法で、自分なりに見つけることが求道であり、
自助努力によって作り上げていくのが人生なんだ。

(以上)

考えて見ますと、人間とは、
・ 実際に発生している苦痛とは、20%に過ぎない。
・ あとの80%は、それに関する心配が、まだ起こってないことへの心配が、自分の嫌な刺激の大半を締めているのです。
心の中で「その先への詰将棋」をして苦しみます。


人間は、妄想の中で苦痛を感じ、妄想のまま自殺することも実行してしまいます。
その真の姿は、寝床で寝ているだけ、椅子に座ったままであるのが現実です。
実際には、まだ何も起こってはいないのに、
「あ〜〜苦しい」「死ぬーーー、助けて〜〜」
このように一人で苦しみます。


でも、ご飯も、お菓子も食べながら、「苦しい」と思いながらモグモグしながら「あ〜〜っ苦しいっ」と思いながら食べています。
もし釈尊が見ていれば、ハリセンを用意して「どこがやねんっ!」と突っ込むことは間違いない。

会社でも、遠くに居る上司二人が自分の方を見ながら、話していることに気付いた人が、
(なんと1ヶ月後)
ひたひたと上司の所に来て、「辞めれば良いのでしょっ!」と自分で言いながら辞表を叩きつけて、ワ〜〜んと泣いた。

上司はポカンとしながら、「何? 何かあったの?」の心配そうに顔を覗き込んだ。
現実には、上司たちは違う話題をしていただけだった。
でも、目が合っただけで、その人は1ヶ月間も自分の妄想の中で苦しんでいたのです。

誰もが、これを笑うことは出来ません。
こういう極端な例ではなくても、大なり小なりこれを繰り返しているのが人間なのです。
すると、釈尊の上記の言葉が真理であることが分かります。

「自分を救う方法とは、外から受ける嫌な刺激を、
受け取らないことだ。
自分が気にしないことが、
真に自分を救う方法だ」

タリラリラーンと生きながら、
その中で、
自分が自然と感じたことは準備する、備える。
そしてまた、タリラリラーンと軽やかに生きることが参考に成れば幸いです。


(伊勢白山道)
  1. 2022/10/14(金) 12:43:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


古神道の奥義
2022-10-05 12:18:08 | Weblog

(カレンダーの意味は「2022年10月の自然観察日」参照)
*「気象庁 地震情報一覧」(https://www.data.jma.go.jp/multi/quake/index.html?lang=jp)
防災科研 強震モニタ GAE版:(https://realtime-earthquake-monitor.appspot.com/)
緑色や黄色の点々が密集する地域は、リアルタイムで注意します。

今日は、
・ 10月5日(水)01時34分:月の距離が最近。
・ 月と土星が並ぶ。
今日も地震に注意の日です。

でも、複数の太陽フレアの影響が、
・ 10月8日(土曜日)頃に地球に届く可能性。
・ 満月(10月10日)の影響が始まる2日前が、10月8日。
・ 日月神示いわく、「8」の付く日に注意。
10月8日も注視します。

今日は古神道の秘技について、どこまで書いて良いのか、触れて良いのか、一般に公開して良いのか迷いましたが、昨日の海外ニュースで数十発の核ミサイルの移動を始めた報道を見て、もう迷っている時ではないと考え、何とか量子力学で無難に祓うために、一か八か、イチか天バツが当たるのか?笑 もう書いて置きます。

先日の記事「今日から心機一転が始まる」で触れました、「二礼八拍手一礼」に関してです。
日月神示が「10月3日」から、八拍手に変更を神示で勧めた話です。

もう既に実践された人が多いですが、私は以前からも節目にしていましたが、10月3日以降の八拍手は明らかに別物でした。
物凄く神気が寄ります。

でも、8回も手を叩く間に、アレレ? と何回目か分からなくなることでしょう。笑。
実は、ここに日月神示の奥義が隠されています。
日月神示の別名が、「ひふみ神示」です。

そして、ひふみ祓詞とは、いろは47文字のことです。
「ひふみよいむなや こともちろらね しきるゆゐつわぬ そをたはくめか うおゑにさりへて のますあせえほれけ」

つまり、この祝詞の最初の8文字を数えながら「ひ・ふ・み・よ・い・む・な・や」と等間隔で拍手します。
この8文字の言霊を発声しながら、または心中で思いながら、「二礼八拍手一礼」を数えて八拍手をします。

これで神気が来る可能性が高いです。
でも、汚い掃除なしの。正しく三社祭をしていない神棚で。
果たして良いのだろうか? 

(ひふみ言霊8個と、八拍手の合体は、神気のお帰しが出来ない可能性。もし自分自身にケガレあれば、正すための大祓いが起こる)

だから、お勧めはしません。
従来の、二礼二拍手一礼で、普通の感謝だけの参拝をしてください。
でも、自分なりに真剣に神祭りをして来た自負(じふ)の有る人は、自己責任で自己判断しましょう。

でも、ここまでは有料先生でも知っているかも? 知れない内容です。
この先が有るのです。
それは、日本最古の神社のひとつである奈良の石上神宮(いそのかみじんぐう)に秘密が在ります。
『日本書紀』にも記されている神話に登場する「神宮」階級の神社です。

古代から石上神宮に伝承されている十種祓詞(とくさのはらへのことば)の一節である、布留の言(ふるのこと)の言霊は、神界から十種神宝(とくさのかんだから)の力を呼んで、新規の生命力を授かるとされています。
命を左右する霊力の強い言葉と古代からされています。

言葉・言霊の内容は、
「ひと ふた み よ いつ む なな や ここの たり、ふるべ ゆらゆらと ふるべ」

『先代旧事本紀』(せんだいくじほんぎ)によると、このように唱えながら三種の神器の神剣をゆっくりと「振り」動かします。
そうすれば、死んだ人でも生き返ると伝承されています。

(私は、天理教の初代教祖が完全に死んでから、息を復活させた秘密は、石上神宮の近隣に住まわれた神縁から、「布留の言」の神剣による秘技を受けられたと夢想します)

亡くなられた人をも甦らすほどの霊力を発揮する言霊という伝承は、それだけ危険でも有ると言えます。
もし逆向きに作用すれば、大変です。

ちなみに、この布留の言と三種の神器の神宝を用いて、神武天皇と、以後の皇祖の長寿を祈ったことが、物部氏伝来の石上の鎮魂法(たまふり)の神事であり、今の宮中における鎮魂祭の起源とされています。

古神道では、魂や神気を振動と考えます。
「振る」ことが命を生み、宇宙も振動なのです。
石上神宮の神事は、魂を揺り動かして振動させて、神気を注入して人を活力ある心身に変身させることが、古代からの神事の要(かなめ)です。

つまり、八拍手の回数を数える言霊として、
・ 日月神示の由来の「ひ・ふ・み・よ・い・む・な・や」
・ 石上神宮に伝承の「ひと ふた み よ  いつ  む  なな  や」
この2種類が秘伝として有ります。

これと八拍手が重なった場合、宇宙に振動して、その誓いに向けて量子力学が働きます。
なんとか、核ミサイルが不発になるように、思っていましょう。
(誓いは、すべての存在が、生かされている感謝だけが無難です)

ほんとに、バカなことを、すな〜〜い! プンプン

(伊勢白山道)
  1. 2022/10/05(水) 12:35:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

待つことと、行動すること、このバランスが大切
2022-09-26 12:23:32 | Weblog
東京とニューヨークの平均株価が、先週からダラダラと階段状に落ち始めています。
戻しが弱い危険な兆候です。
伸び過ぎた面が有れば、それはいつかは縮むのが道理です。
こういう時は、物事の「途中状態」を見て右往左往するのが一番に危ないのです。

投資で勝てる人とは、新規の投資に関しては、底まで「待つことが出来る人」でもあります。
この世の全ては、途中状態を見て動くと失敗する法則が、何にでも言えます。
投資は、決算の時期も含めて、自己責任で自己判断しましょう。

登山でも、急な天候の異変の途中状態を見て動けば、遭難する危険が高まります。
判断が出来ない状態ならば、その場で待機して、途中状態が終わるのを見極めることが大切です。

仕事にしても、何となく嫌だから辞めたい。
これはまだ、辞める動機としては、中途半端な途中状態です。
この状態で何となく転職しても、前の会社のほうがまだマシだった。
このように成るのが途中状態での退職に有りがちなことです。

会社を辞めるならば、自分の最善の努力を出し切った後。
もし絶対に辞めたほうが良いと思える問題あれば、本当にそうなのか? 実際に体験してから辞めるか?
それとも、見極めて体験する前に、辞めるか?

辞めることに、まったく悩まなく成れるまで努力してから辞めること。
退職を悩む間は、まだ辞めるなのサイン。
このような過程を体験した転職は、後から後悔しません。

母子家庭で、先行きが不安な御方が多いです。
その心労は、この先の不安感が大きく占めています。
まだ体験しない苦労を、どうしても「このままでは」と想像で疑似体験をして苦しんでおられます。

人間とは、知能が有るだけに、想像だけでも本当に心身が苦しむ存在です。
ところが、動物は今だけを見て、想像する未来で苦しむことが無いのです。
そして懸命に目の前の食事を追い続けます。それを無心でします。

では、人間は、どうすれば良いのか。
ここで思い出すことは、清沢哲夫の詩「道」の内容です。

「此の道を行けば どうなるのかと 危ぶむなかれ
危ぶめば 道はなし
ふみ出せば その一足が 道となる その一足が 道である
わからなくても 歩いて行け 行けば わかるよ」

つまり、
・ 心配するな。心配すると、そこで動きは止まる。
・ 動きが止まることが、一番に危ない。
・ とにかく動きさえ止めなければ、なんとかなる。心配するな。

だから、漠然とした不安を想像したまま、じっと静止している人は、病む可能性に注意です。
どんなに思考だけをしていても、何の解決にも成らないし、状況は悪化するだけです。だから、

・ 考えるな! 今動くんだ!
・ 悪い想像をするよりも、それに関する行動を努力します。

すると、この記事の始めは、
・ 途中状態で動くのが危険だから、見極めるまで待つのだ!

でも、記事の後半は、
・ 心配事への解決策は、不安を想像するよりも、ソレに関する行動を無心ですること。

この2つを矛盾すると思う人は、自分が知らずにロボット思考に陥っていないか注意です。
一方向にしか動けない習性になっていないか。
指示待ちで失敗するタイプ。
ロボット思考では、日の目を見ることは難しいです。

コノ世で上手く行く人は、
・ 場合によれば、時期を待つことが出来る人。
・ でも、もし悩めば、ソレに関する行動と準備を始める人。

この2点を自在に本能でする人が、交通事故も自然と避けるし、運が良い、と思われる結果を歩きます。

この2点は、陰陽が相反(あいはん)するようであり、実はそうでは無いのです。
老子の思想をシンボルで表現した、陰陽の太極図も、上記の2点が混在してコノ世の原理・法則であることを示唆します。


この図を理解すれば、人生を歩く達人に成れます。
白色・黒色の異色なものが、混ざり合って全体で1つです。

待つことと、行動すること。
この2つのバランスが大切であることを、分かって頂けますと幸いです。
上記の内容は、昨日の記事の斎藤道三と、バカボンパパの意見が、矛盾しないこととも一致します。

(伊勢白山道)
  1. 2022/10/03(月) 12:44:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未来は自分の気持ちの向け方次第です
2022-08-27 12:29:47 | Weblog

今の自分が、
・ 何に対して気持ちを向けているか?
これが非常に大切に感じます。
いや、これが「その人の」全てかも知れないほど重要です。

それは、仕事なのか? 子供の事なのか? 彼氏のことか? 
ペット、おカネ、病気のこと、または希望や自分の夢などに気持ちを向けているのか。
ここに個人差が出ています。
そうしますと、先日の記事「未来を知ろうとすることの注意」の内容に、

・ 自分が知りたい未来のことを強く思いますと、それに関する未来の窓がいくつも、目の前に現れます。

・ 自分が見たいと思えば、その未来ファイルの1つに自分の意識がダイブ(飛び込む)することに成ります。

という内容が有ります。
すると誰もが、無意識下において「自分が気持を深く向ける対象へと」自分の意識を普段にダイブ(潜らせる)させています。

そうしますと、自分が気持を向ける内容が、良いことに関してならば、
・ それに関する良いアイデアが浮かぶ。
・ それに関する良い出会いを実際にする。
などは有ることです。

でも、良心に反する内容や、自分の欲望に関することに、自分の意識を向けていますと、やはり人生は悪いほうへ進みます。
これは、10年単位で検証すれば分かります。

悪い心配をすることは、最初は備えるために必要です。
でも、もし常に悪い思いが浮かんで来れば、更には悪い心配に取り憑かれれば、
・ 何も考えない練習。
・ それに関することは考えない練習。
が大切です。

そして更に大切なことは、悪い心配に関しては、
・ お任せでいいや、と思う練習。
・ 仕方がないよ、と自分に言い聞かせる練習。

このような気持ちでいるほうが、個人に関する悪い現実は遠ざかるのです。これは、
・ それに関する未来の窓へ、ダイブしないことに成るから。
・ 悪い未来ファイルの奥へと、突き進むことを止めることに成るから。
ということが言えます。

だから、自分の心配事に関する出来る行動さえしていれば、
・ あとは考えない練習。
・ お任せの気持ちで居る練習。
・ 心配事に関しては、降参する謙虚な姿勢でいること。
これが悪い未来を消して行きます。

問題は、自分の心配事に関して何の努力も出来ないことが有るものです。
自分が何も対応が出来ない心配事に関しては、
・ 希望を持ちながら、お任せの心境で居ること。
・ 「もう仕方がない」という覚悟を持つことは、人の未知の力を引き出す。
これも参考に成れば幸いです。

とにかく頑張って生きましょう。

(伊勢白山道)
  1. 2022/08/27(土) 12:55:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮想空間の基本設定ルールを発掘して行くことがカギ
2022-08-19 12:09:11 | Weblog
今朝に思い出した言葉は、聖書のマタイによる福音書(6-32〜34)の言葉です。

「あなたがたの天の父は、これらのものが(衣食住に関するものごと)みなあなたがたに必要なことをご存じである。
何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。
そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。
だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である」 (以上)

天は、今の自分が欲しがる物、必要なモノを知っているというのです。
でも私達は、
・ 自分のことだけを考えている。
・ 自分の欲しいモノだけを考えて悩む。
これでは、今の自分になかなか与えられないのです。
自分に実現しないのです。

そこで聖書は、
・ あえて、自分のこと・欲しいモノを考えることを止めたほうが良い。
・ もっと大きな事、全体のことを考えているほうが良い。
・ そうすれば、自分の欲しいモノも、更にプラスαされて自分に与えられることに成る。

という指摘をしています。
ここに、「この世」という仮想空間のゲームを創った創造主の意図、基本設定が隠されています。

やはりゲームの基本設定・ルールを知らなければ、ゲームの中で勝てないのです。
今までの人類は、ルールを知らずに悩んで来たと言えます。
一部の気付いた人だけが、ルールを利用して、自分の夢を実現して来たと言えます。

この世の仮想ゲームの基本設定ルール、その1.
・ もし欲しい物が有れば、実現したい夢が有れば、
・ あえて、その事を考えないこと。伏(ふ)せること。
・ もっと大きな事、全体のことを考えていること。

あとは、いちいち願望を口に出したりせずに、忘れていても、自分の深層心理には願望の詳細が、その内容が、常に存在しているから大丈夫なのです。

そして、
・ 自分の願望の方向に関する努力を何でも良いから始めながら、
・ 自他の全体のことを考えていること。
・ 出来れば、天や神、社会のことを考えること。この範囲が大きければ大きいほど、もし自分の願望が実現した場合は巨大化します。
・ もし願望が有れば、努力さえ有れば、自分の希望は忘れているほうが叶いやすい。

このようなことが言えそうです。
そして、
・ 明日の悩みは、明日の自分に任せて置きましょう。今日は、悩まないこと。
この繰り返しで良いのです。
これは素敵な言葉です。さすが聖書です。

でもやはり、結局、今日もそれなりに生かされていることに、感謝をしていることが、上記を超えた最善とも言えそうです。
何か、皆様の参考になれば幸いです。
  1. 2022/08/20(土) 23:15:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰もが貴重な時代の目撃者です
2022-06-25 03:39:27 | Weblog
悩む人を観ていますと、「先が暗い」「お先真っ暗」などと思っています。
でも、まだ来ない先を見ているから、暗いのです。
先のことばかり考え過ぎると、まだ決まっていないのですから、不安に成るのは当たり前です。

でも、準備したり、将来に備えるために、先のことを考えることも必要です。 (アレッ? ドウイウコト?)
つまり、先のことを考えて、不安に成った時点で、もうそこで十分なのです。OKです。

つまり、
・ 不安に成るまで先を想像できた時点で、自分が備えるべき範囲に到達したことを意味します。

・ 将来の問題点を、自己認識が出来たことに成ります。

・ それ以上は将来を考えても、答えは出なくて、不安に成るだけで意味が無いのです。

そして次に、
・ 将来よりも、今の自分を観ることに切り替えることが大切です。
・ 未来の心配よりも、今日の自分がしなければ生けないことを考えます。

今日だけを見れば、誰もがそれなりに、生きて楽しんでいるのです。
自分が食べたいものを食べて、テレビなどを見ているのです。
これで良いのです。

でも、答えの出ない未来を考えては、漠然と苦痛を感じています。
これを止めて、今日も何とか生活ができることに感謝をすることで、無意識下において自己認識が出来た未来への不安要素への改善作用が、その人が努力をするほどに働きます。

未来を改善するためには、今日への感謝をする磁気が必要です。
漠然と未来を想像して苦痛に感じる人には、今日への感謝の磁気がゼロなのです。これでは何も変わらないのは当然です。
燃料不足のままで未来へ向けて走ろうとすることに成ります。

将来が不安に成れば、それでも今日も生きられることに感謝して、今日できる努力をしたいものです。
この連続で、すべては変わりながら、何とかなって行くものです。

ところで、老人ホームの経営の関係者と話をしていたのですが、今年は死亡者が例年よりも多いことを心配されていました。
死亡原因は、高齢化のために、それなりの理由は付くそうです。

でも、老人が長生き出来ないことは、その身と引き換えて無言で大切なことを告げていると感じます。
天はすべてを観ています。
生きている者は、今のこの貴重な時間を、良心を大切にしながら頑張って生きましょう。

様々な分野で、また個人の心中の中でも、善と悪の戦いが発生している究極の時が今です。
聖書でいうヨハネの黙示録が発生中です。

この予言された今の時代に自分が生まれていることは、本当に凄いことです。あなたは目撃者なのです。
すべてを見届けながら、頑張って生きましょう。
そしていつか、神様に報告しましょう。
これが、すべてをムダにしないことに成り、活かすことに成ります。
  1. 2022/06/26(日) 12:37:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


「なぜ?」「どうして?」と問わない生活
2022-06-06 12:13:05 | Weblog
元気だった家族や恋人、愛するペットが突然に死にますと、ショックを受けた人が最初に思うことは、
「なぜ死んだんだ?」「どうして?」であり、
これを繰り返す思考に陥(おちい)ります。

そして次に、
「なぜ自分だけが、こんなめに遭うのか?」
と思い始めます。

それから、
「なぜ死んだんだ?」と、「どうして自分だけがこんなめに」
を繰り返し反芻(はんすう:行ったり来たりと繰り返し考えること)することに成ります。

急に亡くなった人に対して、または自殺をした人に対しても、
「なぜ死んだんだ?」
と問えば、相手の霊も、

「分からない」「何も分からない」

と答えているものです。
生きる者と、死んだ人が、
「なぜ死んだんだ?」 → 「分からない」
を繰り返す姿に成っています。
そして、霊は無言に成って行きます。

急に死んだ人も、「なぜ死んだか?」は、本人こそが一番自分では分からないのは当然です。
自殺した人も、死んで見れば、どうして自殺をしてしまったのか? 自分でも本当に分からないと言って、死後に後悔をしています。

今日の言いたい話はここからです。
生きる人間に大いに有る癖、誰にも言えることは、
「どうして?」「なぜ自分だけが?」
という理由を問いたがる癖のことです。
白黒の原因を知りたがる癖です。

理由を永遠に反芻しながら問い続ける思考が、さらなる次の不運を呼ぶことに成ります。
次の新しい明日に進むことを止めるのが、過去のことへの理由探し、原因にこだわることです。

生きる人が調べても分からない場合は、死んだ人も同じく何も分かっていないだろうと思って、思いやりの気持ちを持つことが大切です。
死んだ本人も分からないことを、生きる側から問い続けることは、故人には酷(こく)なことであり、成仏に影響します。

だから、生き物の死に関しては、
・ 死んだという事実だけを受け入れて、
・ 「もし、あの時に自分が」とか、「なぜ死んだの?」とかは思わないこと。
・ 人の死には、人知の及ばない様々な途方も無い「重なり」が有ってこそだと思うこと。
・ 故人に死んだ理由を思わない、問わないこと。
・ それよりも、供養をして行く決意を思うことが故人を助けます。
故人に対して、理由の無い理由を問い続ける思考は、故人にも「泣きっ面に蜂」だと思って止めることです。

以上は、故人に対してだけでは無くて、
・ 終わったことに対して、理由を問い続ける癖。
・ 「なぜ自分だけが?」という比較心からの悩み。
・ 何にでもに理由を知るまで、前に進めない思考を止めることです。

「なぜ?」「どうして?」と問わないで、起こった事実だけを受け入れて直視して、前向きに生活をすることが、故人への供養にも成ります。
このようなことが、皆様の参考に成れば幸いです。

(伊勢白山道)

テクノロジーを悪用して小動物◯し…

いかにもやりそう
  1. 2022/06/06(月) 14:28:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


運勢が変わる秘訣
2022-05-30 01:53:25 | Weblog
一般的に葬儀では、無宗教の御方でも仏式を選択されれば、阿弥陀経が唱えられていることが多いと思います。
阿弥陀経の中で説かれていることは、阿弥陀如来がされた御誓いであり本願である、
・ 阿弥陀如来の名前を呼ばれれば、どんな人も必ず救うという誓い。
これです。

でも、原典を視て夢想して浮かんで来ることは、幾つもの言語を経て翻訳された結果、本来の「視点」が変わってしまっていることを感じます。

それは何かと説明しますと、阿弥陀如来の御誓いを分かりやすく言い換えますと、
・ 阿弥陀如来の名前を呼ばれれば、どんな人も必ず救うという誓いとは、
・ 3歳の子供が、「ボクがママのことを絶対に守るんだ」
と言うことと同じであり、これが真相です。

つまり、多くの人は、「南無阿弥陀仏」と御名前を呼んだ人が救われると解釈しています。
この時に人は、受け身であり、阿弥陀如来からの救いを待つ状態です。
これが、私は原典を視れば違うと感じるのです。

つまり、仏典の本意は、
・ 「3歳の子供の、ボクがママのことを絶対に守るんだ」と同様に、
・ 自分が阿弥陀如来を守りたい!と思える人が、救われる。
これが真相に感じます。

だから、「3歳の子供の、ボクがママのことを絶対に守るんだ」の場合も、
・ 実際に守られるのはママでは無い。
・ 霊的に守られるのは、「他を守りたい」と思った子供側である。

このような視点と主語の変更を行った場合、御経が本来に持つ霊的な効力が復活することを感じます。
霊的な法則に則ったものに変わります。

ことわざでも、
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬(せ)もあれ」

川で溺れかかったときは、あがけばあがくほど深みにはまってしまうが、逆に捨て身になって川の流れにまかせると、浅瀬に浮かぶこともあるという意味です。

自分を犠牲にする覚悟で当たってこそ、窮地を脱し、物事を成就することができるということです。

自分の身の心配よりも、阿弥陀如来のことを心配して、自分が守りたいと思えた人こそが、霊的に救われるのです。
これは、何にでも言える真理です。

・ 会社を守りたいと思える人が、年月が過ぎれば出世している。
・ 国は何もしてくれないと不満ばかり思う人よりも、自分が国を良くしたい、国を守りたいと思える人のほうが、生活が豊かに成って行く。
・ 他人のために頑張りたいと思う人のほうが、運が良い。

もし、今の自分がダメな人間だと思えましても、
・ ただ救援を待つ、受け身のままの気持ちよりも、
・ 自分が能動的に、前向きに、他を助けたいと思っているほうが、運が開けます。

なんとなく分かって頂ければ、これを参考にして頂ければ幸いです。

(伊勢白山道)
  1. 2022/05/30(月) 12:58:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これからは神経の痛みとの戦い??
2022-05-20 12:22:51 | Weblog
あくまでも私見ですが、ゴールデンウィーク中と、その前後に、天気の良い日中に庭仕事や、行楽を楽しんだ人の中に、

・ 1日ぐらいだけの風邪気かな? という症状の後に、

・ 急に歯が痛くなった。その原因は、歯肉が痛い感じ。
・ 腕や肩、腰が、急に神経痛のように痛くなった。

という人が多い感じがします。
私の家族も、ゴールデンウィーク中の天気の良い日中に、飛行機雲を見掛けながら外でヒャッハー!と楽しんで来た後に、急に歯肉が痛くなり歯医者に通い出しました。
すると私も数日後に、室内にずっと居る生活をしていたのですが、風邪をひいた時に痛くなることがあった奥歯のいつもと同じ箇所の歯茎が痛く成りました。

いつもならば、マルチビタミンとビタミンBを1回分多めに摂れば数日で収まっていたのですが、今回は違いました。
あれっ? と思い冷静に考えますと、以前は春ウコンを規定量(1回5粒を3回)摂っていたのですが、肝臓を考慮して日に2回にしていたことを思い出し、今はビタミン系と春ウコンを規定量摂りながら、以前の感じに戻りました。

{以上は関係なくて、時間経過の御蔭かも知れません。お勧めしている訳では無いですよ。
新たな読者情報から、これも参考にします。期間限定での使用の参考に。
・【ネオファーマジャパン】5-ALA 50mg アミノ酸 5-アミノレブリン酸 配合 サプリ サプリメント 60粒 (60日分) 日本製 (1)
( https://amzn.to/3cX3K1t ) 偽物に注意します}

これ以外に注意したことは、とにかくこまめな歯磨きを行うことでした。
何も付けずに歯ブラシを、日に5回はしていました。
歯ブラシをした直後は、歯茎の痛みが軽減した感じがします。歯茎から血も少し出ましたが、その後に楽になる気もしました〜。
(正しい対応策を、歯科医に相談しましょうね)

とにかく言いたいことは、最近に軽い風邪気の後に、体の節々や、歯茎が痛い人が増えていないか? という考察です。
調べますと、今は帯状疱疹(ウイルスで起こる皮膚の病気)が増えているそうです。最近は、若年層にも帯状疱疹が増加していることが報道されています。
免疫低下が関係するようです。

問題は、帯状疱疹が治っても、その後に「神経痛」が起こることがあるそうです。
つまり、今日の言いたかったことは、今の風邪気は、
・ 帯状疱疹が出なくても、その後の「神経痛」だけは、多くの人に出ている可能性。
・ それが関節に出るのか? 歯茎なのか? とにかく神経が痛むことに健康な人も注意を参考にしてください。

今の進化系ウイルスは、とにかく悪知恵が凄いと思います。もう人類を手玉に取る感じがします。

先月の記事「これからの科学的なヒントの参考に」でも触れましたが、すべては宇宙から来た、2019年9月29日の過去記事「嵐の前の静けさ」で指摘した内容を再読して、何かを感じて頂ければ幸いです。


(Wikipediaより引用。実写からの想像図。ハーバード大学教授が自力推進していた証拠を論文で検証した)

とにかく次は、神経痛に注意をしてください。
人類をピシッ!ピシッ!とムチで叩くように痛めて、その苦痛を吸い上げて食べたいようです。ホントダモン(痛みも莫大なエネルギーだった)

そして、対応策は、「免疫は腸から」です。
腸活で頑張りましょう。

(伊勢白山道)
  1. 2022/05/25(水) 13:07:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうダメだと思った時は、変化をするチャンス
2022-05-19 12:11:56 | Weblog
仏教には、【末法思想】(まっぽうしそう)という一種の予言的な歴史観が存在します。
釈迦の死後の1000年後または1500年後、あるいは2000年後に仏法が衰えて、社会に混乱が起こりながら世界が終わると考えた思想です。

日本では平安初期には、すでに末法思想が現れて、この世の終わり感を天災や伝染病、大飢饉の発生により日本人は体験しています。
その後も定期的に「この世の終わり感」が日本に発生し、何か社会的に大きな問題が起こるたびに末法思想が民衆に浸透して行きます。

そしてそのたびに、空海・法然・親鸞・日蓮などによる新仏教が日本に誕生したのです。
末法思想が民衆に広まった時は、新しい生き方の教えが広まりやすいチャンスの時期でもあったということです(意外でしょう〜)。

つまり、何を言いたいかと言いますと、
・ 私達の先祖たちも、今度こそ、今が、この世の終わりだと真剣に思い込んだ。
・ もう社会がダメになると、本当に思い込んだ。
・ 誰もが死んで行くと覚悟した。

でも、歴史はその後も、淡々と継続したわけです、笑。
(禅宗の道元だけは、末法思想を見抜いて無視をした感じです。サスガ)

しかし、現在の地球と大自然の弱り具合を見て思う、「今度こそ終わり感」には非常に強いものを感じます。
でも、逆に言えば、それだけ人間の思考が大きく変わりやすいチャンスの時だと過去の歴史は教えてくれています。

以上の末法思想は、個人の生活・人生にも同じことが終末思想として言えるのが、今日の言いたいことです。

・ 今の仕事が嫌で嫌で「もう死にたい」という人生の終末思想に取り憑かれたならば、
→ 新しい仕事を始めるチャンスだと、機会だと、思って欲しいのです。

本当に今の仕事の件で死ぬぐらいならば、新しい仕事を体験したほうが得です。
そんな嫌な仕事のために死ぬのは、本当にアホらしいと気付いて欲しいです。

・ もう生きることが嫌に成った。死にたい。
→ このように何となく思うように成れば、何か変だ?? と思って欲しいのです。

それで死ぬぐらいならば、転地療養、つまり死ぬぐらいならば住む場所を変えて見ることも参考にして欲しいのです。
独身で若ければ、寮付きの仕事を探すことも良いでしょう。

人は、住まいから受ける自縛・呪縛を受けて「死にたい」と思っていることも多々あるのが、社会に隠れた自殺の霊的な真相でもあると感じます。
そういう時は、住まいを変えることで、
「いったい、あの時の自分はどうしたんだろうか?」
と自身で気付けることも有り得ると思ってください。

とにかく簡単に死ぬ前に、仕事も、住まいも、変えて見る体験を本当に死ぬぐらいならば、参考にして頂ければ幸いです。

もうダメだと思った時は、変化をするチャンスだった。
これを覚えて置いてね。

(伊勢白山道)
  1. 2022/05/23(月) 16:49:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明るい心配性はお勧めです
2022-05-05 12:06:20 | Weblog
日本の30歳代の男性俳優で、その主演作が大河ドラマを始めとして約50本にも迫る、今の日本の俳優を代表するような御方の普段の素顔を特集した番組を何気なく見ていました。
ドラマで見せる勇ましい姿とは逆に、その内心で考えている言葉に興味を持ちました。 (オグリ シュン ダヨー)

自分自身のことを評して、
・ とにかく心配性で、自分で嫌に成る。
・ 自分の細かさが、嫌に成る。
・ 自分は小心者です。

このような言葉を最初に言われていました。
この言葉を聞いた時に私は、
・ この俳優さんは、継続する。
と確信しました。

上記の3点とは、「長く」成功が継続している経営者にも言える要素なのです。
経営者には、「豪放磊落(ごうほうらいらく)」、度量が大きくて、些細なことにはこだわらない人が良いというのは幻想です。
そんな経営者は、消えるのも早いのです。

物事が繁栄する陰には、
・ 心配性であること。
・ 細かいことに気付ける人であれ。
・ 小心者でありなさい。でも、覚悟した場合は大胆であれ。

このような上で、物事の継続が出来て、他人が離れない運営が出来て、大難を事前に回避することが可能に成ります。

そういう意味では、織田信長とは、まさに小心者と大胆が、病むほどに混在した人でした・・・。
その意味では、上記の俳優さんも織田信長に似た面があり、「論語」(孔子の御言葉)をそらんじるような先祖の守護霊の導きが視えます。その慎重であり、時には大胆な考え方に影響をしているようです。

考えて観ますと日本語で、
・ 「取り越し苦労」と言います。
まだ、どうなるかわからないことを、あれこれと事前に心配することを言います。

これは霊的な意味を示唆しています。
取り越し苦労とは、霊的に優れた人物が多かった江戸後期から使用例が見られる言葉です。
「取り越し」は、期日より前に行う意味であり、「先取り」を意味します。
本当の苦労問題が発生する前に、まだ起こらない苦労を「先取り」するのです。

すると、どうなるのか?
「取り越し苦労で済んだ」「何も起こらなかった」「無事に済んだ」
つまり、気付かないまま問題が発生すると、その問題は現実に最悪に成りやすい。
でも、事前に気付いて苦労を認識して悩んだ場合は、その現実は無事に成ることが多いのです。
これが霊的な意味では言えます。

魔除け、では無いですが、「取り越し苦労」は災難除けに成るのです。
事前に準備が出来ることも、取り越し苦労には含まれています。

防災に備えて、食料備蓄をすることも、取り越し苦労で終わるものです。
時には、備蓄食料を廃棄することも有り得ます。
でもこれは、もしかに備えた保険なのです。
保険料と思えば、廃棄する可能性は有るにしても、普段も消費が可能な食品は様々な価値を含んでいます。

何も無くても掛け捨てる保険料で年間10万円などはざらに有ります。これが備蓄食料で10万円とは、かなりの量です。その価値を比較すれば、命に直結するものとして決してムダではありません。
  1. 2022/05/05(木) 23:12:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の「思い癖」が人生を創っていることに気付くこと
2022-04-23 12:02:58 | Weblog
今朝に思い出した言葉は、ことわざの、

*「幽霊の正体見たり枯れ尾花(おばな)」

でした。
幽霊だと思って怖がっていたものをよくよく見ると、風にゆれる枯れススキであったりと、恐怖心や疑いの気持ちがあると、何でもないものまで恐ろしいものに見えることの例です。
また、他人から聞かされて恐ろしい恐ろしいと思っていたことも、実際に自分が体験したり、その正体を知ると何でもなくなるということの意味です。

実はこの言葉が、物凄く深い真理と、すべての真相を見抜いた言葉だと感じます。
どれほどかと言いますと、神様がコノ世を出現させた方法も、
・ 集団での「幽霊の正体見たり枯れ尾花」に成功している最中ing。
と感じます。

これは過去の様々な聖者たちの語録にも共通することなのですが、
いわゆる悟り、目覚める、覚醒するという至高体験をした時に、

・ コノ世は本当は存在していないことが分かった。実体が無かった。
・ 私達は、夢の世界で苦しんだり、喜怒哀楽をしているだけだった。
・ 誰もが本当は、既に救われた安心の世界に居るのに気付け無いだけだった。

という意味を、様々な表現で語っています。その指している共通点が、結局、
「幽霊の正体見たり枯れ尾花」
なのです。

つまりは、「思い込み」とは、映像も体験も創ってしまうのです。
そこで今日の言いたいことは、ここからです。

・ 私達は、自分の「思い癖(くせ)」を創るために生きているのではないか。
・ 人は、「思い癖」で人生が決まる。
・ 人の思い癖とは、「ブラックボックス」(飛行機事故に備えてすべての操縦と運行が記録されている)に上書きしている。
・ 人が死ねば、その「ブラックボックス」が天に回収される。献上される。

皆様は、自分の思考の癖やパターン、その傾向に自分で気付いているでしょうか?
「思い癖」には、恨(うら)み癖、妬(ねた)み癖、直ぐに絶望する癖、他人を軽視する癖、様々な癖が存在します。

それがベースに在れば、その人の未来に現れる映像も、自身の「思い癖」が反映して行く状況が現れるのです。
これを繰り返しているのが自分の人生だということです。

自分に悪い「思い癖」が無いか?
もし、そういう自分の癖に気付ければ、それを直して行くことで、自分の未来も変わるのです。
これを言いたいのです。
皆様の参考になる点が有れば幸いです。
  1. 2022/04/23(土) 12:52:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逆に相手に罪を償わさせないという怖い長い視点
2022-04-21 12:22:51 | Weblog
悪人を恨まない、憎まない、というのは、
・ 何も無抵抗で我慢することではありません。
・ 相手に罪があれば、警察対応も、とことん法的に追求する権利も行使した上での、話です。

これを一緒くたにして、納得が出来ないという人が見られます。
これに対しても、お互いの言い分が有ることでしょう。
これを霊的な視点で考えて観ますと、私が行き着く結論は、

・ これは、アノ世が有ることを真から信じている人か、
・ 口ではアノ世が有ると信じていても、本当の本心では信じ切れない人か? で分かれる。

・ アノ世の実在を、死後の継続を信じ切れない場合、コノ世だけでの決着に拘ることになる。
・ 悪人が美味しいまま逃げるという発想と、自分は被害者のままで損だという視点に成る。

個人で意見が分かれる原因が、これらに行き着くと感じました。
霊的な視点から言えば、もし「努力をしても」被害者のままでコノ世を終えれば、
・ それは死後の大勝利です。
・ かなり還元ポイントが高いことに成る。
・ アノ世の自分は、今生の被害者だった自分に感謝をすることに成る。
これが言えます。

そして、悪人が罪を償わずにアノ世に上手いこと逃げられた場合は、どうなるか?
それは、霊的な大損です。真の敗者と成ります。
コノ世の10倍の利子が付いて、必ず返して行くことに成ります。

歴史物語を見ても、真の知者は、相手に罪を償わすことを逆に拒否します。
あるアジアの代表者は、思慮(しりょ:注意深く心を働かせて考えること)が深いことで有名でした。
その代表者は、戦争で数千万人の死者が出てもビクともしないような豪胆な御方でもありました。

その国が戦争時に侵略を受けたことを、戦後に侵入した国側が弁償をしたいと申し出た時に、
・ 厳しく1点を見つめたまま、一切の弁償を拒否する。
と言い放ちました。
申し出た国側は、その返答に深い恐怖を感じたとのことです。
戦後70年が経過した今も、その言葉は呪縛となり国政に影響していると言えそうです。

そのアジアの代表者は、死後の世界を信じていたとは思えません。
でも、長い歴史の国家の動静と破滅を調べれば、
・ 貸しを創ったままの国のほうが発展する。
・ 返すべきものを返さないままの国は、必ず滅びて行く。
これを知っていたと感じます。

死後の世界は信じないが、運気、気の流れで決まるコノ世、というものは信じていたと思われます。

いかがでしょうか。コノ世だけを切り取って見れば、つじつまも合わずに、理不尽なことだらけがコノ世に見えるし、そう言えるでしょう。
でも、アノ世まで入れての1回の人生、1日の昼間(コノ世)と夜間(アノ世)、だと思って欲しいのです。

昼間(コノ世)だけでは理屈は絶対に合わないし、追求も中途半端になる。
でも夜間(アノ世)まで入れれば、すべての帳尻は合い、完了します。

まだまだアノ世への継続が存在する証拠の話が有るのですが、それはこれを参照してください。


「生と死後」の真実 Life&Death
(https://amzn.to/3xcLzg4)

書店で注文する際は、
「(株)観世音の本は、鍬谷(くわたに)書店という取次会社の扱いになりますので、そちらに電話または FAXをしてください」
と言って頼んで頂ければと思います。宜しくお願い致します。

だから、コノ世で何が有っても慌てないことが大切です。
もし途中で終わっても大丈夫です。
続きを、その帳尻を、「アノ世を楽しみに出来る今の自分の生活」さえしていれば大丈夫です。

悪人は、自分が裁かなくても、アノ世で10倍の利子で裁いてくれます。
それに任せれば良いです。
アノ世のほうが完全な管理社会です。
正しい者は必ず報われます。
  1. 2022/04/21(木) 13:08:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪魔の手口を知って置くこと
2022-04-19 12:18:55 | Weblog
今朝に感じていたことは、
「より単純であれ!」
ということでした。

多くの人々を観ていて感じますことは、
「考え過ぎなんですよ」
ということです。

今までに様々な悪魔と、想念の世界で対峙(たいじ:にらみ合って対立すること)をして来ましたが、彼らは自らの手口・やり方を、雄弁に説明してくれる場合がありました。
その方法とは、取り憑いた人に対して、

・ 他人を疑うように、疑心暗鬼にさせる小細工を繰り返すことです。

現実には、悪魔は大したことは何もしていない、実は出来ないのが本当です。
これには次元間の影響という大きな壁が在るからです。

不安な人の思考を読みながら、それに合わせて音を鳴らせたり、部屋の物を落下させて、その不安感を確信させる間違った誘導をするのは得意です。
でも、その起こさせた奇異と、その人が不安に思っている内容とは、実際には何も関係は無いのです。

ただ、結ばせて不安にさせて、悪い方向に誘導するのが悪魔の手口です。
小さなことを利用して、「悪い思い込み」を深めさせて行くやり方です。
これに掛かりますと、本当は幸福な生活をしているのに、何も問題は無いのに、

自分はダメな人間だ。
何をしてもダメだ、失敗する。
もう死にたい。

こればかりを考え出すリピートを繰り返します。
でも現実には、スマホを見ながら、好きなものを食べて、家族にも文句を言い放題で、トイレはウオシュレットで、風呂はじゃぶじゃぶ使いながら、
自分は不幸だ、ダメだと繰り返します。

冷静な第三者から見れば、難民の人々から見れば、悪いブラックジョークに見えてしまいます。
でも、人は考え過ぎに成れば、思い込みが激しくなれば、幸福な人でも自らそれを破壊してしまいます。

ことわざにある、
・ 幽霊の正体見たり枯れ尾花。
恐怖心や疑いの気持ちがあると、何でもないものまで恐ろしいものに見えることのたとえ。また、恐ろしいと思っていたものも、その正体を知ると何でもなくなるということのたとえです。
これが悪魔の手口なのです。

あれっ? 何かに似ているかも。
報道にも注意をして欲しいものです。

そして、相談する人の90%以上が、
・ 霊的に深刻な問題はゼロ。
・ 何も問題はない。
・ むしろ、感謝するべきことに気付けていないという、不幸に感染しています。

これらから目が覚めるには、
・「より単純であれ!」
・「考え過ぎなんですよ」
と自分自身に言い聞かせて欲しいのです。

そして、自分の衣食住への感謝をすることが、大自然への真の信仰であり大切なのです。
悪魔は、これを嫌がります。ヘドが出ると言います。
そういう連中なのです。
今日も、自分の生活に思いっ切り感謝をしながら生きることが、皆様の参考に成れば幸いです。

(伊勢白山道)
  1. 2022/04/19(火) 13:04:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の言いたいことは、これから増えだす第三の人々が居ると夢想します。 それは、 ・ どんな苦痛も、我慢も、それさえも楽しんでしまう人々。 ・ どんな中でも、楽しむ視点。どんな中でも、それさえ楽しむ心境で生きることが、苦痛や我慢に負けなかったと言えます。 行け行け GO GO まだまだ行けます。 楽しむ視点を忘れずに生きることが、皆様の参考になれば幸いです。

苦痛や我慢さえも、楽しんでしまう視点を持つのが新人類
2022-03-27 12:34:56 | Weblog

(カレンダーの意味は「2022年3月の自然観察日」参照)
*「気象庁 地震情報一覧」(https://www.data.jma.go.jp/multi/quake/index.html?lang=jp)

今日3月27日は数霊9の日です。
(2022年03月27日:2+0+2+2+0+3+2+7=18:1+8=【9】)
(東日本大震災、熊本地震、などは数霊9)

昨日も近隣の大陸側で地震が発生していますから、
「その翌日は日本が揺れやすい統計」
がありますから、今日も地震を想定して無難にしましょう。

様々な悲惨な戦地のニュースを見ていますと、住民たちが大変な我慢と忍耐を強いられた生活をされています。本当に大変なことだと思います。
忍耐、我慢、という言葉から思い出す話があります。

禅僧である良寛さんは、自由でほのぼのとした生活をされたように後世からは見えますが、実は多くの我慢と忍耐をしながら、それを他人に見せなかった、そう思わせなかった人生とも言えます。

良寛さんは7人兄弟の長男として生まれ、それも家柄は越後地方の名家・橘屋であり、父は「名主」(みょうしゅ・なぬし)という役人の高い地位にある家柄でした。
名主とは、田園農地の経営を請け負うとともに、領主への税金としての年貢を集める税務署のような任務を任された家柄のことです。

多くの農家を従えた家柄なので、そこの長男坊となると、妬(ねた)みも含めた注目の視線でいつも監視されながら育ったわけです。
良寛さん自身も長男として跡を継ぐために名主の見習いを他家で勉強しますが、2年ほどで突然に辞めて、家を捨てて禅宗へと出家してしまいます。

農民たちから年貢を集めるなど、人の上に立つことが何よりもの苦痛に感じて、死にたいと思い続けたようです。
少年・良寛さんを、そのように導いたのは、町民たちから注目される長男坊への「無言の視線」だったと感じます。

人は、視線だけでも他人に大きな苦痛を与え、その人生を変えてしまう可能性が有るということです。
現代人の多くの病む人を視ますと、
・ 他人の視線を気にすることが原因で病んでいる。でも、本人は気付いていません。
・ 他人との関係性から、心身を病む人が多い。
この傾向が、平和な社会では観られます。
つまり、人類の傾向として、

* 戦争などの悲惨な物理的な影響の苦痛下では、その逆に心は生きたいと、多くの人が我慢している。

* 平和な社会では、他人からの視線だけでも、心身を病んで死にたいと思う人がいる。

この2つの陰陽の中に、人間という者を知る手掛かりを感じます。

今日の言いたいことは、これから増えだす第三の人々が居ると夢想します。
それは、
・ どんな苦痛も、我慢も、それさえも楽しんでしまう人々。
・ どんな中でも、楽しむ視点。


これを人類が持つことで、新しい生命力の鼓動が私には聞こえます。
伊勢神宮への参拝には、社会が悪化するほど、苦しい時ほど、歴史的に「ええじゃないか」という爆発的に参拝が増える現象が発生します。


(ウィキペディアより)

日本において、1600年代から約60年周期で、自然発生的に繰り返されて来ています。その期間は、だいたい1年で終わります。
天照太御神の御神気が日本中で爆発するかのように人々に注入されて、どんな苦痛も、
「それで、ええじゃないか〜」
と思えて来る現象です。

どんな中でも、それさえ楽しむ心境で生きることが、苦痛や我慢に負けなかったと言えます。
行け行け GO GO まだまだ行けます。
楽しむ視点を忘れずに生きることが、皆様の参考になれば幸いです。


早く、紛争地の現実の苦痛と我慢が終わることを希望しています。

(伊勢白山道)
  1. 2022/03/27(日) 14:09:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

・ どんな困難の中でも、心の平穏、安心を保つ良い状態に居られる人が、真に貴(とおと)い人であり、その中での最善を呼びます。 ・ 「無事」(ぶじ)とは、自分の出来る努力以上に、どんな手段を工作してでも助かりたいという欲心を捨てることが、逆に冷静な判断を自分にさせて、無難な方向に自分と家族を行かしめます。 ・ 神々が「もう、それで良い」と言って、天に救い上げているだけだった。 神様に「もう、それでOK」と言って貰えるように生きれば大丈夫です。 一時的に祈る力よりも、思い続けるほうが、大きな力が働きます。


困難の中での理想の思い方とは
2022-03-26 12:29:26 | 禅の言葉
禅の臨済宗の開祖・臨済禅師の言葉を記した『臨済録』という禅の公案集に、

*「無事是貴人」(ぶじこれきにん)
という言葉があります。意味は、

・ どんな困難の中でも、心の平穏、安心を保つ良い状態に居られる人が、真に貴(とおと)い人である。

・ 「無事」(ぶじ)とは、自分の出来る努力以上に、どんな手段を工作してでも助かりたいという欲心が無い状態を無事と言います。

この言葉を読んで思い出す、大昔のインドの聖者が戦争を見て言った内容を思い出します。
古代インドでは、隣町同士でも、些細なことを切っ掛けに戦争を繰り返すことが多かったそうです。

ある有名な聖者が、いつも山の上から外界を見下ろして瞑想をしているだけなのですが、町で起こる何を聞いても、そのすべてを知っていたそうです。
ある時に隣国同士の激しい戦争が起こり、町は焼け野原となり死屍累々の惨状と成ったそうです。

生き残った人が山に登り、山に住むその聖者に質問したそうです。
「多くの人が戦争で死にました。どうして、このような惨状に成ったのでしょうか?」

山の上から戦争のすべてを視ていた聖者は、
・ 町には、人間同士の戦いは、何も起こってはいなかった。
・ 起こっていたことは、死ぬ因果を持つ人々を、
・ 神々が「もう、それで良い」と言って、天に救い上げているだけだった。
・ 死ぬ因果がまだ無い人は、そのまま生き残った。


・ だから真に恐ろしいことは、戦争という死ぬ機会よりも、その人個人が死ぬ因果を持つことだった。
・ 自分が早く死ぬような因果を、持たない生活をすることが大事だ。

このような返答を聖者がしたそうです。

でも、こういう返答には、
・ 死んだ人には善人も多いから、
・ むしろ真面目な善人ほど死んでいるから、
と反発をしたく成る人が多いかも知れません。

それは確かに、この世だけを見て、戦争だけを見た場合に、言える正しいことだと思います。
でも聖者が「死ぬ因果」と言った場合は、この世だけの生活からの因果だけでは無いのです。

・ 人が、なぜ、その国のその場所に生まれたのか。
・ 生まれた性別。生まれた年代。
・ 自分が生まれた以降に、移り住んだ場所。生活状態。
このすべては、自分の努力では、どうしようも無い不可抗力です。
でも、これらが戦争の時期に一致して、生死が分かれて行っています。

どんなに考えても、今に生きる人には、死を受け入れることは出来ないでしょう。

ただ言えることは、生きている人は、
・ 今からの自分は、死ぬような因果を新規で創らない生活を心掛けること。
これは自分の努力で、心掛けることが可能です。
健康に注意することも、自分が死ぬ因果を創らないことに成ります。


でも、自分がどんなに努力していても、戦争が身近に起こった場合はどうすれば良いのでしょうか?
そこで、臨済禅師が言った言葉が大切です。
「無事是貴人」(ぶじこれきにん)なのです。

・ どんな困難の中でも、心の平穏、安心を保つ良い状態に居られる人が、真に貴(とおと)い人であり、その中での最善を呼びます。

・ 「無事」(ぶじ)とは、自分の出来る努力以上に、どんな手段を工作してでも助かりたいという欲心を捨てることが、逆に冷静な判断を自分にさせて、無難な方向に自分と家族を行かしめます。

果たして、戦争の中で「無事是貴人」で安心を心掛けることが出来るのか?

でも聖者が言った、
・ 神々が「もう、それで良い」と言って、天に救い上げているだけだった。
神様に「もう、それでOK」と言って貰えるように生きれば大丈夫です。


早く紛争が終息することを思いましょう。
一時的に祈る力よりも、思い続けるほうが、大きな力が働きます。

(伊勢白山道)
  1. 2022/03/26(土) 12:46:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

答えは、「経営に関する」ことは、社員の発言には責任が無いと思うこと。 聞くほうが間違いです。 経営者は、自分の信念を持って、経営に関しては新規事業も人事も、自分の信念で決めて行くことが大事です。 経営者が、新規事業を何をして良いか分からない間は、 ・ 答えは、まだするべき時では無いサインです。 ・ 何をすれば良いか迷った時ほど、会社の原点の仕事により専念しながら、 社会の動向を冬眠しながら観察するべき時です。 前に打って出るだけが良いのではありません。 優秀な経営者は、待機も、撤退も、出来る人です。

親の心子知らず

ここから話が変わります。
ある読者からの相談に、会議の中で会社がこのままではダメだから新規事業を始めたら良いのでは? となり、飲食店「でも」したいと社員から言われて、乗せられて、もう準備を始めちゃた。
という感じの内容が有りました。

私も経験がよく有りましたが、
・ とにかく会議をしなければ生けない雰囲気。
・ 会議をすれば、社員たちに「何か言え」と必ず成る。

・ 社員は無責任に、「はよ会議終われよ〜」と思いながら。
今日は、アノ店に夕食でも食べたいなと思いながら。
でも、何か言わないと生けない雰囲気。

・ そうだ、会社をけなす悪意も込めて、
「このままではダメだから、新規事業が大切だと思います」
「飲食店でも始めれば?」(早く晩飯食いて〜)

・ 新しい社長は、真面目に受け取って、社員から出た火を消すのはダメだと思って、真面目にカネを使い始める。
・ でも、1ヶ月も経てば、言い出した社員は忘れている。


答えは、「経営に関する」ことは、社員の発言には責任が無いと思うこと。
聞くほうが間違いです。

経営者は、自分の信念を持って、経営に関しては新規事業も人事も、自分の信念で決めて行くことが大事です。

経営者が、新規事業を何をして良いか分からない間は、
・ 答えは、まだするべき時では無いサインです。
・ 何をすれば良いか迷った時ほど、会社の原点の仕事により専念しながら、
社会の動向を冬眠しながら観察するべき時です。


前に打って出るだけが良いのではありません。
優秀な経営者は、待機も、撤退も、出来る人です。


今日の言いたかったのは、何かの代表者が、多くの人の意に反するようなことを言ったとしても、軽々に落胆したり、批判するのは間違いです。

・ その代表者が、社員の生活と生命に関わるような、どんな脅迫?や、交換条件の提示を受けているのかは、未知なのです。
・ すべては社員を守るために、発言したり、一見は不利なことを始めるのです。
・ 銀行から資金を引くぞ! と社長が言われていても、社員は知らないことです。

とにかく1月末から2月の境目で、様々なことが発生したことを冷静に静観します。
今は世界が非常事態の時だと思います。
日本だけが、不思議ちゃんの国かも知れません。

(伊勢白山道)
  1. 2022/02/02(水) 13:46:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

過去や現状に感謝の気持ちが無い人は、 ・ 新規のことは成功しない。 これを覚えて置いてください。

新規のことが成功し難い理由とは
2022-02-01 11:53:46 | Weblog
過呼吸のように、自分に不足していると‶思い込んでいる〟ものが、
それが逆に「過剰すぎる」呼吸が原因となる弊害を起こしているとは皮肉なものです。

(過呼吸:不安感が原因で起こる心因性の反応であり、呼吸をしすぎるために血中の炭酸ガス ・二酸化炭素が少くなり過ぎた結果で表れる症状。筋肉のけいれん、神経の興奮、偏頭痛などの症状が出てくることもある。
本人は呼吸がし難いために、空気が不足していると思い込んで焦ります)

自分には、足らない、まだまだ足らない、と思い込んでいることが。
自分には、ソレが無いからダメだと思い込んでいるモノが。
実は、それこそが、今の自分には不足どころかまだ過剰であり、それへの努力をするほど全体が悪く成って行くこと。

これは過呼吸だけの話では無くて、人生への究極の指摘だと感じます。
これは真理を突き過ぎて、普通は分からない隠れた真理です。
答えは、
・ 感謝不足に注意です。
・ 他に、今の自分が気付くべき感謝することが先に有るはず。
・ 十分に感謝するべきことが在るのに気付けずに、他のことで、まだまだ足らないと不満と不安を持つこと。

つまり、自分が大いに感謝するべきことが既に有るのに、それを無視して、
・ 他のことを追い求めて自分にはソレが無い、
・ だから自分はダメだとか、
・ 他人を見て羨ましがっている。

こういう状態では、新規のことを追い求めても、上手く行かない運気に成るのです。
もし、新規のことを成功したければ、
・ 先ず現状の感謝するべきことが他に無いか、注意です。
・ 今の自分の衣食住を支えてくれている人や事に、感謝をするべきです。

これから新しいことを始める際の、神社でのお祓い、新築の前の地鎮祭などの、深意と極意とは、
・ まず現状への感謝をすること。
・ これまでのことへの、物事に、感謝をすること。
・ 過去と、これまでに、感謝を捧げてから、新規を始めること。
ここに、祝詞(のりと・イワイの言葉)の深意を感じます。

過去や現状に感謝の気持ちが無い人は、
・ 新規のことは成功しない。
これを覚えて置いてください。


自分には足らないからダメなんだと思い込んでいたことが、
・ 実は、それが今の自分にはまだ過剰過ぎていた。
・ 不足では無くて、感謝するべきことが既に在るのに、気付けずに不満からの不足感だった。

こういう可能性が無いか?
もし今の自分に不足感を思う時は、再考をして頂ければ幸いです。

(伊勢白山道)
  1. 2022/02/01(火) 15:25:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

濡れ衣を着させようと狙ってます!

予め告知しておきます。

なんの濡れ衣を着させようとしているのか?

・窃盗
・放火
・器物損壊
・詐欺

(犯罪とは限らないと思いますが)

以前にも、新宿区上落合に居るときに、濡れ衣を着させられています。
・無理な言いがかり・因縁付け(2014/11より虚偽の電話を警察にしている 部屋で暴れていると嘘の電話 毎日警察官が来る 多い日は1日に朝、晩2回 3ケ月続く)(管轄警察署 戸塚警察)

・前に住んでいる人の郵便物が未だに届いています。宅配便まで届きます。
それを横領したとかの濡れ衣を着させるとか…



工作員に口裏を合わせられたら
人一人ワナにはめることなんていとも簡単なことでしょう。

-------------------------------------------
ええ役者やのう〜
2021-11-20 12:06:55 | 神話シリーズ
記紀神話(ききしんわ:古事記と日本書紀のこと)を読みますと、神々の悪行も記述されており、理解に苦しむ人がおられます。

祝詞にも明記されている「天つ罪」と「国つ罪」などは、その内容は説明することも危険なほどの内容です。
特に、「異国から渡来した時のスサノオ神が犯した」と濡れ衣を着せられた罪は、「天つ罪」として明記されています。
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E3%81%A4%E7%BD%AA%E3%83%BB%E5%9B%BD%E3%81%A4%E7%BD%AA)

でも、スサノオ神は、姉神の天照太御神の住む国(今の日本の起原)から、黄泉の国(よみのくに:死者の国)へと追放されるまで、一切の言い訳も、濡れ衣のことも、ものを言いませんでした。

まるで、良寛さんの心境のようです。
参考記事「必ず死ぬことを忘れない「明るい」生き方」より引用。
{助けに来た自分の村の人に、「どうして言い訳をしないのだ?」と問われた良寛さんは、
・ 自分が疑いを受けた以上は、それは前世の因果のためと諦めた。
・ その昇華のためならば、どのような責め苦・罪状を受けても自分は受ける。
・ 死ぬ時節には、死ぬが良かろう。
という意味のことを答えました。} (引用は以上)

スサノオ神の場合は、自神が去った後の姉神・天照太御神の生活を思いやったからだと私は感じます。
「そういう自作自演をする側近たちに、姉神は囲まれている」
ということです。

ここは自分が黙って我慢をしたほうが、姉神の生活には良いと、スサノオ神は判断をしたと感じます。

天照太御神の側近たちと職員たちは、「天つ罪」を素戔嗚尊に背負わせました。
そして、スサノオ神が身に付けていた天の宝石類を奪い取り、髪を抜き、手足の爪を剥いで、その濡れ衣を償わせたと記紀神話にあります。
(これが現代では、誰に、どのように転写をするのか?)

でも以上の話は、古代に圧倒的な霊力を持った稗田 阿礼 (ひえだ の あれ)が、神界から降ろした内容が「古事記」です。
ただの物語では無いのです。
未来永劫に繰り返し、日本に、世界へ、転写する内容を稗田阿礼は、神懸かって口述しています。それを貴族で文人だった 太 安万侶(おお の やすまろ)が記録したのが古事記です。

稗田阿礼とは、飛鳥時代から奈良時代にかけての皇居に勤務した、女性専用の官舎の中に居た女性職員の一人です。

「時有舎人。姓稗田、名阿禮、年是廿八。爲人聰󠄃明、度目誦口、拂耳勒心。即、勅語阿禮、令誦習帝皇日繼及先代舊辭。」(『古事記』序)

意訳:年は28歳で、聡明な美人だった。
・ 目に触れたものは即座に、その起原と言われを言葉にすることができた。
・ 耳に聞いた内容は、すべてコピーしたように瞬間記憶が出来た人だった。
・ その超異才に驚かれた天武天皇により、天の古代史を記述するように命じられた。

渡来神を演じた頃のスサノオ神が受けた、濡れ衣。
そういう事件の発生と多発。
それでも、天照太御神が住む国は、継続して行ったこと。

ここで思い出すことは、出口王仁三郎氏がよく言った言葉に、「神界演劇」という表現が有りました。
・ 神話を、善悪で読んでは生けない。
・ すべて、それは転写する「象徴の内容」だ。
ということです。

これは私達個人も含めて、
・ どうしても、その時、そのように演じさせられる役を、誰もが背負っている。
・ それを運命と言ったり、個人の因果と言うことも出来る。
・ とにかく誰もが、それぞれの役者を、この世ではしている、させられる。
ということです。

でも、未来は白紙であり、個人が演技内容を選択が出来る幅も在るのがこの世界なのです。
出来れば、今日も善意の役者を選択して演じて欲しいものです。
これを自分の意志で行うことを、誰もが試しに生まれて来ているのです。

(伊勢白山道)
  1. 2021/11/20(土) 13:42:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


怒らない、焦らない、ことが自分の命を助けます
2021-09-07 11:28:50 | 禅の言葉
今の天体の配置から感じますことは、これからの先行きで気になり脳裏に浮かぶ光景は、
・ いかにして、「自己攻撃」を止めることが出来るのか?
・ 自分の隠れている持病が表に出て来て、注意が始まる。
・ 今年の11月ぐらいから、まず医療関係者からの声を聞くことに。
・ 来年のTVの話題は、「自己攻撃を止める方法」が中心となる夢想。

このように根拠は無いですが、これからの人類のテーマは、肉体的にも精神的にも、
・ 自己攻撃が起こらない生活。
これがカギに成ると、夢想します。

分かりやすく言えば、自殺などは自己攻撃の最たるものだと思います。
弱った心は、自分自身を傷める自傷行為をさせます。
生物は、弱った時に、自分自身を攻撃し始めるという習性を持つことに注意をしなければ生けないと、私は思うわけです。

自己攻撃については、様々な医学的・科学的な知見から高度な分析がされることでしょう。
でも、その解決策を人類が見つけることが出来るのか?
今は非常に難しいことだと想像します。

でも、その解決の答えは、想像もしない単純なことだった、と感じます。
ここで浮かびます言葉は、禅語にある、

・ 「帰家穏座」(きかおんざ)

意味は、 遠い旅に出ていた人が、慣れた古い自宅に帰ってホッと落ち着くことです。
または、人が本来持っている良心(神性)に立ち返って、心安らかに暮らすという意味です。

・ 心安らかに暮らすことが、自己攻撃を止める大切な方法。
・ 怒りや攻撃心、ストレスこそが、自傷行為の更に先に起こる「免疫の自己攻撃」を起こす。

でも、働いて生活をしていれば、
・ ほとんどの物事は、簡単には上手く行かないし、ストレスを受けることでしょう。
・ それを、止めよう、変えようとするほど、苦労してストレスを受けます。

だから逆に、
・ 自分が出来る努力を淡々と行いさえすれば、後は、お任せの心境で居ること。
・ もう無理に変えようとはしないで、あるがままの中で楽しむこと。
・ とにかく怒らないことが、自分の命を助けると思っていること。
・ 静かに笑って、ささやかに楽しんで暮らす気持ちが、自分を助けて長生きをさせます。
このように夢想します。

怒らない、怒らない。
焦らない、焦らない。
一休み、一休み。
  1. 2021/09/07(火) 18:12:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

他人を気にするよりも、自分の心を見詰めて行くことが大切
2021-09-04 12:03:41 | 禅の言葉
他人からの言葉や、態度、更には相手の視線や細かい仕草までを気にして、

・ きっと、自分に向けられているに違いない。
・ 私のことを指している。非難している。
・ 自宅に帰っても思い出して、心が休まらない。
このような方々が増えていることを観ます。

驚くべきことは、
・ よくそこまで他人を観察しているものだ。
・ 自分の作業をしながらも、じっと、隙間から相手を見ている証拠です。
・ 聞き耳を立てるどころか、ゾウさんのように耳を大きくさせているに違いない。

この他人への詳細な観察力を、もし自分自身に向けられたならば、悟るかも知れません。
それほど、他人を観察することには、エネルギーを惜しまない人が多いのです。

禅では、このような、
・ 自分のしている行為や、自分の態度、自分の仕事の中身は気にせずに、
・ 他人のことばかりを観察して、自身を省(かえり)みないこと。
このようなことを戒(いまし)めています。禅語では、

*「回光返照」(えこう へんしょう)
と言います。

外側(他人)ばかりを気にして求める心を自制し、
自分の注意を内側(心)に向けて、
自分が本来持つ純粋で素直な良心の部分を見て行こう、照らして行こうとすることです。

・ 他人を気にするよりも < 自分の心を見詰めて行くことのほうが大切です。

ところで、9月1日の記事「9月は、風雲急を告げる」において、

{今朝に感じましたことは、
「風雲急を告げる」
というものでした。
社会の様々な分野で、今にも大きな変動が起きそうな、さしせまった情勢であることを感じます。
でも直近は、良い意味の改革の変動の芽も感じます。}
(引用以上)

このように書きました。この翌日から、政治が激しく動いています。
この中の、

・ でも直近は、良い意味の改革の変動の芽も感じます。

これは政治の動きを視ての言葉でした。
感じますことは、もうそろそろ政治家は、
・ 国際化のために。
という言い訳を、自分自身に言い聞かせて、とにかく改革が良いという視点に注意しなければ、
自分が住む国を壊す可能性に注意して欲しいものです。

内心では、政治家自身が一番分かっているはずです。
それを、「間違った国際化」のために、日本の良さを潰して行くことをして欲しくないです。
自分の孫たちが、どこに住むことに成るのか?
これを真剣に考えないと、生けない時節に入っています。
これからの動きを、冷静に静観します。

自分自身には、「回光返照」が良いです。
国や政治家には、「回光自国」となって欲しいものですね。

ところで、今日の参考に。
効果効能や、症状のためにでは無く、一般的な生活の参考に、
  1. 2021/09/04(土) 13:02:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大自然の中での水の音の声は、真夜中が過ぎた夜明け前が、一番心に響くということです。 つまり、今が夜明け前ならば、様々な心配が、自分の心に刺さることでしょう。 自分の心に、心配事を響かせないように注意しましょう。 その心配は、今はただ倍ほどに膨らんでいるだけなのです。 夜明け前、だからこそです。 でも、太陽が出れば、すべての心配は霧散して行きます。「夜明け前」の不安が有るならば、 「明けない夜はない」も言えるのです。 今は、ただ生きて行きましょう。それで良いと思います。

「夜明け前」と「明けない夜はない」

2021-08-23 11:52:51 | 禅の言葉

今朝に感じましたことは、「夜明け前」が、一番不気味で、不透明で、人を不安な気持ちにさせると思います。
まさに今が、「夜明け前」の一番苦しい時だと、様々な意味で感じます。


・ あと半年の辛抱。

このように浮かんで来ます。
だから、慌てて死に急ぐようなことをしてはダメです。

あと半年ならば、来年の2月です。
・ 2022年2月に成れば、やっと過ちに気付き始める。
・ そして、反省が始まる。
・ やっと、方向転換が始まる。
でも、まだ解決は、やっとそこからです。

そして、2月の反省が深ければ、深いほど、懸命な解決策の模索が命懸けで始まります。
対策を考える人自身の命懸けでもあるから、必死に頑張ることでしょう。
そして、様々な障壁となっていた既得権益を無視した模索が始まる。

以上が上手く行けば、2022年の5月頃から、やっと陽の目が見え始める。
このように天体の配置から夢想します。

何事も、懸念点を事前に知ることで、量子力学で最悪は起こりません。予想は必ず外れてくれます。
(りょうしりきがく: 多数が1つの現象を気にすることで、粒子の動きが変わり、検査結果のデータが変わる物理現象)
これが、記事で分析する理由です。
状況を変えるために、記事に書いています。

禅語にいわく、

・ 泉聲中夜後(せんせい ちゅうやの のち)

意味は、大自然の中での水の音の声は、真夜中が過ぎた夜明け前が、一番心に響くということです。

つまり、今が夜明け前ならば、様々な心配が、自分の心に刺さることでしょう。
自分の心に、心配事を響かせないように注意しましょう。
その心配は、今はただ倍ほどに膨らんでいるだけなのです。
夜明け前、だからこそです。


でも、太陽が出れば、すべての心配は霧散して行きます。
今の不安な懸念の問題も、必ず解決策が出来て、無難になって行くと希望しています。

「夜明け前」の不安が有るならば、
「明けない夜はない」も言えるのです。
今は、ただ生きて行きましょう。それで良いと思います。


(伊勢白山道)
  1. 2021/08/23(月) 19:28:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

善も悪も知った上で、その中間の思考で居ることが最善
2021-08-02 12:16:21 | Weblog

(カレンダーの意味は「2021年8月の自然観察日」参照)

今日から明日に掛けて、地震が発生した地域を見て置いてください。
震源地情報:(気象庁:https://www.jma.go.jp/bosai/#pattern=earthquake_volcano&area_type=japan&area_code=010000)
中央構造線に沿って地震が北上しないか、注意します。

オリンピックの閉会式が、8月8日の「新月」なのですが、
・ オリンピック後の、世界情勢が気に成ります。

今の海外の報道を見ますと、東シナ海、南シナ海における、軍事的な予行演習の活発化が懸念されています。
オリンピックの結果次第では、自国の結果に不満を持つ民衆の感情の流れを受けて、軍事的な懸念が増さないか注意します。

東京オリンピックが、本当の平和の祭典と成りますように、無事に成功に終わって欲しいと思います。とにかく、
・ オリンピックが終わってからの、世界情勢の動きに注目です。

何事も、懸念点を事前に知ることで、量子力学で最悪は起こりません。予想は必ず外れてくれます。
(りょうしりきがく: 多数が1つの現象を気にすることで、粒子の動きが変わり、検査結果のデータが変わる物理現象)
これが、記事で分析する理由です。
状況を変えるために、記事に書いています。

そして、今日の言いたいことです。
コノ世のすべては、相反する陰陽が存在してこそ、新しい良いものが生まれるという「陰陽思想」があります。

だから私たちの最善の状態も、
・ 陰という悪い情報が有れば、
・ それと同等の、良いことを思うことも大切。
これが言えるわけです。

でも私たちは、悪いことや、心配事が有れば、「そればかりを思う」という思考のサガを誰もが持つのです。
でも、偏(かたよ)るとダメなのです。何も生まれないのです。

・ 悪いことばかりを、思うことはダメです。
・ でも、懸念点にフタをした、楽観主義だけでもダメなのです。

では、どう思うと最善なのか?
・ 2つの善悪の内容を知った上で、その中間の思考で居ることが最善なのです。

これを老子も釈尊も、「中庸」(ちゅうよう)、「中道」(ちゅうどう)と言いまして、二人共に
・ 教えの中で最も大切であり、
・ 人を幸福にする最も近道であり、
・ それぞれに応じた最善に導く。
としています。

だから私たちは、
・ 心配することも大切。
・ 楽観主義も大切。
・ この2つの陰陽の中間の気持ちで居ることが、最も大切であり最善。
ということです。

心配もしなさい。楽観でも居なさい。とは、
いったい、どっちなんだ? 
矛盾している!
と思わないでください。

・ どちらかに決める必要もない。
・ 物事の善悪の両方を知る努力をした上で、その中間の思考で居ることが最善なのです。
  1. 2021/08/02(月) 12:44:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今の相手を正しく評価するには、その過去と未来を重視するよりも、今の状況を正しく見る・知る努力が大切です。 ・ どんな相手も、その時に初めて会ったつもりで毎回向き合うこと。 ・ 絶えず、常に、「相手の今」を見る視点が大切です。前後裁断。もの事の前後を断ち切って、今を見ることが大切です。

先入観は「運」を逃すかも知れません
2021-07-24 12:01:50 | 禅・ZENの言葉
禅の道元さんの言葉で、前後裁断(ぜんご さいだん)というものがあります。
人間というものは、いつも会う他人を見る時も、家族を見る目でさえも、

・ 今の相手を見ていない。
・ 相手との過去の出来事を見ながら、こういう事が有った相手だと思って見ている。
・ その相手が、未来も自分にとって有益か否かを見ながら、相手と会っている。

まさに、今の相手を正確に見ようとはせずに、切り取った過去と未来を見ながら、今の相手を無意識に見ている面が有ります。
そういう先入観の前後を裁断して、今の相手を見ることの大切さを前後裁断と言います。


前後裁断の大切さは、対人物だけでは無いのです。
仕事にしても、名前だけで、過去の自分が知った、体験した視点から、新しい仕事を判断して迷います。
今のその仕事内容の現実を知る努力が大切です。まったく自分の予想とは、違う仕事内容かも知れません。

投資にしても、圧倒的に過去のパターンのグラフを参考にして投資をする人が90%です。
今の最新内容、を知る努力を忘れています。
AI知能は、それを見越して逆張りします。
投資で負ける人は、前後裁断の思考をしていない人です。

今の相手を正しく評価するには、その過去と未来を重視するよりも、今の状況を正しく見る・知る努力が大切です。

・ どんな相手も、その時に初めて会ったつもりで毎回向き合うこと。

これが、結婚相手を選ぶ時でも大切です。
相手の過去の経歴が立派だからと言って、今も相手が立派な人だとは言えません。
人生の途中で、どんな変節があったのかは未知です。

・ 過去の良い人が、今も同じとは限らない。
・ 昔の悪童は、今は立派な善人かも知れません。
・ 絶えず、常に、「相手の今」を見る視点が大切です。

前後裁断。もの事の前後を断ち切って、今を見ることが大切です。
皆様の参考に成れば幸いです。

(伊勢白山道)
  1. 2021/07/24(土) 16:57:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっと単純に生きれば、運気も人生も変わる
2021-07-22 02:48:35 | Weblog
携帯電話のアイフォンの生みの親である、アップル社の創業者、故スティーブ・ジョブズ氏の数々の言葉を思い出しました。

ジョブズ氏は、ガンを患い余命を医師から宣告されてから、まさに生き急ぐように、更に数々のヒット作品を生み出したそうです。
その頃にジョブズ氏が言っていた言葉は、

・「死こそは、生命の最高の発明品だ」

もう時間が無いと真剣に思うからこそ、「今の内に」「動ける内に」と、人は何かをすることが出来るのです。
まだまだ生きる、人生が長くてダルい、と思っている間は、屁理屈を言いながら、結局は何もしていないのが人間のサガなのです。

そして、真面目に「明るく」死を意識した人間は、
・ 他人に優しく成れるかも知れません。怒ることを止める。
・ 感謝の言葉を、素直に言えるかも知れません。
・ 自分の生活を正し、部屋を片付けることでしょう。
・ あれほど大切にしていた物やカネも、周囲の人に上げるかも知れません。

あれ? 真面目に死を意識するだけで、死はその人を聖人にまでしてしまうかも知れません。

実際にも、病床で亡くなる数日前に、今まで言ったことが無かった感謝の言葉を、急に家族に言うことが多くの故人に見られるそうです。
家族は、「急にどうしたんだろう?」と思っていますと、様子が急変して他界されます。

でも、病床では無くて、普段の元気な内から、感謝の言葉を言い、怒ることを止め、自分の生活を正すことが出来れば、本当に素晴らしいことです。人生が変わるかも知れません。
しかし人は、真剣に死を意識しない限り、そうは成れないのが人生の面白いところです。

そして、思い出したジョブズ氏の2つ目の言葉は、
・「シンプルであることは、複雑であるより難しい」

5ページから成る説明書を、1ページに短縮させるのは至難の業(わざ)です。
そして、私達の悩みも、
・ 自分の思考が、思い方が、悩みにしてしまっている可能性。
・ 真相は何でも無いことを、自分が問題化している。
・ 余計な心配をたくさんして、悩みがたくさん有ると思い込んでいる。

でも、本当の真相は、
・ 何でも無かった。
・ 本当は、問題など無い。
・ 人は、単純であるべき。
・ でも、天真爛漫に単純で居ることは、大人には至難の業です。

明るく死を忘れずに、今する、今の内にと、前向きに生きたいものです。
そして、自分に向かって、
「シンプルであれ!」「もっと単純で良いよ」
と言い聞かせながら生きることが、皆様の参考になれば幸いです。
  1. 2021/07/24(土) 16:51:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天はタダで与えることは無いということ。 ・ 彼の身を削るような努力との交換条件で、 ・ すべての私生活を犠牲にする交換条件で、 天から与えられた活躍だと感じます。 私達にも、この「交換条件の法則」というものが、至る所に、細部にも、働いていることを感じるのです。 もし今の自分が、不運で不幸なことが有ったとしても、 これも何かとの交換条件、相殺の結果だということなのです。 これは、 ・ 不幸も、不運も、決してムダなことでは無いということ。 ・ 何かの昇華、良い交換条件をしてくれている。 ・ 本当は、感謝するべきことかも知れない可能性。 こういう視点も、皆様の参考になれば幸いです。 もし嫌なことが有っても、 「これぐらいで済んで、有り難い」 と、あえて思うようにすることが、霊的には非常にお得(徳)なことに成ります。 ・ これからの未来の自分にとって、有益に変わるのです。 「明けない夜はない」と思って、今日も頑張りましょう。

不幸も、不運も、決してムダなことでは無い
2021-07-21 03:12:24 | Weblog
エンゼルスの大谷翔平投手が昨日に投げたボールが、海外で「火の玉スプリット」と呼ばれて評判になっていました。

以前から米国の野球解説番組で、有名な解説者たちが「今の球界で絶対に打てないボール」と呼んでいたのが、大谷選手が投げる145キロ近いスピードから急激な落差で落ちるスプリットボールでした。

昨日の投球でも落差が30cmもあるかのようなスプリットが炸裂しており、MLB公式ツイッターが紹介した動画でも、「絶対に打てない」「テーブルから落ちた」というコメントが続いていました。

最近は仕事で人に会いますと、
・ 朝のニュースで、昨夜の大谷選手の結果を見ることが楽しみだ。
という御方が実際に多いのです。

最近は暗くて陰湿なニュースが多い日本では、大谷選手の活躍だけが、多くの日本人の「楽しみ」「励まし」「生きがい」に成っていると感じます。

今日の言いたかったことは、
・ 人間には、どんな小さなことでも良いから、自分なりの「楽しみ」「生きがい」を持つことが大切だということ。

・ もし「楽しみ」が無くても、自分なりに「創ったほうが良い」「探すべき」だと感じます。 コノ ブログモ ヨロシクネ

そして、大谷選手は体型も才能も性格も含めて、「天は二物を与えた」どころか、三物も四物も与えたと米国で評価されています。

でも、昨日の投球後のインタビューの姿を観ますと、
・ 精気を消費している。
・ 生命力を懸けるような疲労。
をしていると感じました。

つまり、ここでも「何かとの交換条件」「努力と相殺の結果」というものを感じるのです。
つまり、天はタダで与えることは無いということ。
・ 彼の身を削るような努力との交換条件で、
・ すべての私生活を犠牲にする交換条件で、
天から与えられた活躍だと感じます。


私達にも、この「交換条件の法則」というものが、至る所に、細部にも、働いていることを感じるのです。

もし今の自分が、不運で不幸なことが有ったとしても、
これも何かとの交換条件、相殺の結果だということなのです。


これは、
・ 不幸も、不運も、決してムダなことでは無いということ。
・ 何かの昇華、良い交換条件をしてくれている。
・ 本当は、感謝するべきことかも知れない可能性。
こういう視点も、皆様の参考になれば幸いです。


もし嫌なことが有っても、
「これぐらいで済んで、有り難い」

と、あえて思うようにすることが、霊的には非常にお得(徳)なことに成ります。
・ これからの未来の自分にとって、有益に変わるのです。
「明けない夜はない」と思って、今日も頑張りましょう。


(伊勢白山道)
  1. 2021/07/24(土) 16:50:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディスる本人が、一番に嫌がることは、 ・ 冷静に観察されることです。 ・ 相手にも、されないことです。 ・ 静かに、笑われることです。 ・ ディスられても、びくともしないことです。 段々と、その尻尾を出し始めることでしょう。 どうして、他人をディスることに生きがいを持ったのか? それを、気の毒に思って上げましょう。 情け深く見てあげるほど、悪魔は苦しみ始めます。 ギャ~ どんなニュースを見ても、または自分がディスられても、影響されずに平気で居ましょう。 ツマラナイことに、自分の感情を動かすことを止めましょう。 誰もが、慈悲深い観音様に成る世紀が来ていると思います。

日本の素晴らしさ
2021-07-20 01:53:14 | Weblog

今の世情を観ていて浮かんで来た言葉は、
「ディスる」(disル)
でしたーーーっ。

ディスるとは、「ディスリスペクト」の動詞化で、相手を否定する、批判する、けなす、侮辱する、ことなどを意味する、ネットから始まった俗語です。

でも、そのような意味は今はもう古いのです。
他人を批判することなど、誰でも出来ることです。
今、明らかになってきたのは、

・ 「公金」(税金など)をあえて使用させて、ある対象をディスることに、喜々とする高等芸術を感じる連中。

・ 自分の財布を使わずに対象をディスり、そして更に巨額な報酬まで狙うこと。

・ 直接的な批判などはしない。あえて、芸術だと自称しながら、対象をディスることにエクスタシィを感じる連中。

・ 以上なようなことを、法律で武装しながら、合法的に達成することに、登山に似た満足感を得る輩(やから)。

このようなコンプレックスの塊(かたまり)のような悪意ある連中に、
いたいけな、可愛い、純真無垢な、疑うことを知らない日本の人々が、狙われていると感じるのでしたーーーーっ。 ママ〜タスケテー

自分が殴られていることにも気付けずに、嬉しそうに笑っている日本なのです。
騙されているのに相手を疑わずに、持っている御金をいくらでも出す日本なのです。
キラキラとしたおメメをしながら、いつまでも相手を信じている日本なのです。

これはもう、まるでキリストのようです。
もうここまで来れば、本当に素晴らしい。突き抜けています。

さて、本当の狂喜とは、騙したと思ってニタニタとしている連中なのか?
それとも、キラキラとしたおメメをしながら、いつまでも相手を信じている日本なのか?

天はすべてを観ていますから、今はこれで良いです。
でも、天は、憤怒の大魔神に変神して、悪を成敗することでしょう。
(その様相は、昭和の映画「大魔神」を参照)

ここで、思い出す言葉は、古代中国の叡智、老子の言葉です。

・ まさに何かを縮めてやろうと思うならば、必ずそれをしばらく逆に引っ張りなさい。

・ まさに何かを弱めてやろうと思うならば、必ずそれをしばらく強くならせておきなさい。

・ まさに何かを衰退させてやろうと思うならば、必ずそれをしばらく繁栄させておきなさい。

・ まさに何かを奪おうと思うならば、必ずそれにしばらく何かを逆に与えなさい。
(以上)

ディスる本人が、一番に嫌がることは、
・ 冷静に観察されることです。
・ 相手にも、されないことです。
・ 静かに、笑われることです。
・ ディスられても、びくともしないことです。


段々と、その尻尾を出し始めることでしょう。
どうして、他人をディスることに生きがいを持ったのか?
それを、気の毒に思って上げましょう。
情け深く見てあげるほど、悪魔は苦しみ始めます。 ギャ~


どんなニュースを見ても、または自分がディスられても、影響されずに平気で居ましょう。
ツマラナイことに、自分の感情を動かすことを止めましょう。
誰もが、慈悲深い観音様に成る世紀が来ていると思います。


日本がどんなにディスられても、今日も大谷選手はキラキラと輝いています。
彼ならば、ディスる相手にも、笑顔で居ることでしょう。
これを見習いましょう。

(伊勢白山道)
  1. 2021/07/24(土) 16:49:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

禅僧が座禅を組む時に、姿勢にこだわる理由、 ・ 心には、姿勢が影響すること。 ・ 背骨は、真っ直ぐを維持することが、心身に影響する。 このような点との共通点が、彼の背骨ストレッチの話から浮かびました。 最近の彼の「精神的に疲れている人へのアドヴァイス」という記事を読みますと、 ・ 現在は、朝の15分間の散歩を重視している。 ・ 朝の日光が、ビタミンDを体内で作り、セロトニンも分泌されて心の安定に良い感じ。 ・ これにより、股関節痛などの痛みを感じる持病にも改善が見られる。 ということでした。 これを読んで思い出すことは、ある健康番組で、 ・ 腰痛は、実は精神的な不安が、意外な原因である可能性。 ・ 心のストレスが無くなれば、腰痛も治った。 という検証を見たことがあります。

心の問題と、肉体の痛みの関係
2021-07-19 03:24:20 | 健康アレコレ

長年にわたり米国で活躍されている日本人大リーガーの告白によりますと、精神的なプレッシャーと、激しい運動量が重なり、
・ いくら休息しても疲労感が取れない。
・ 息がしづらく感じる。
・ ため息ばかり出る。

という時期があり、精神的な失調状態だと自己分析をしていたことが有ったそうです。
その時の辛い経験から、鬱で苦しむ人の気持ちは良く分かるそうです。

・ 健康な人には理解されない。
・ 自分の状態を、他人に説明することが出来ないし、また説明する意欲も無くなる。
・ 心から余裕が消える。
彼の話を読んで、このような事態に成る感じを想像します。

彼は幸いなことに、自己流の背骨を真っ直ぐにする意識とストレッチを取り入れてから、精神的にも改善が見られたようです。
{推測による参考資料:
「一生痛みのないカラダをつくる 背骨コンディショニング」
 (https://amzn.to/2UAtquQ)}

これは禅僧が座禅を組む時に、姿勢にこだわる理由、
・ 心には、姿勢が影響すること。
・ 背骨は、真っ直ぐを維持することが、心身に影響する。
このような点との共通点が、彼の背骨ストレッチの話から浮かびました。


最近の彼の「精神的に疲れている人へのアドヴァイス」という記事を読みますと、
・ 現在は、朝の15分間の散歩を重視している。
・ 朝の日光が、ビタミンDを体内で作り、セロトニンも分泌されて心の安定に良い感じ。
・ これにより、股関節痛などの痛みを感じる持病にも改善が見られる。
ということでした。


これを読んで思い出すことは、ある健康番組で、
・ 腰痛は、実は精神的な不安が、意外な原因である可能性。
・ 心のストレスが無くなれば、腰痛も治った。
という検証を見たことがあります。


やはり「痛みを感じる」とは、神経が感知することだから、精神との関係は大切だと思います。
関節と骨が関係する痛みに関しては、心を安らかに維持が出来るように心掛ける意味は有ると思います。

あと、彼の心の問題への助言に、
・ 食事の際はしっかり噛むことも重要である。
・ 噛む回数を増やすこと。
というものが有りました。

鬱で苦しむ人と、歯の健康状態の関係の統計を調べると興味深いかも知れません。
・ 歯の片側だけで噛んでいないか?
・ 食事を噛まずに、飲み込んでいないか?
・ 虫歯が多い。または歯が抜けたままか?
このような注意を想定します。

健康番組では、
・ 認知症で治療中の老人に、入れ歯を改善して噛めるようにした結果、認知力が上がった。
・ 噛む刺激は、脳に直接的に伝わるので、重要であること。
・ 縄跳びや、歩行などからの「足裏」からの振動は、脳に刺激を与えて大切である。
このような検証をしていました。

「疲れが取れない」と感じ出せば、それはストレスが心身に影響していると思って、上記のように、
・ 朝の散歩で太陽を浴びること。15分間でも良い。
・ 歯の両サイドで良く噛めるように虫歯などの治療をすること。
・ 噛む回数を増やすこと。
・ 無理なく出来る人は、縄跳びの習慣も参考に。

このようなことが、皆様の参考に成れば幸いです。
自分の心の不安が、肉体の故障にも関係すると思って、注意しましょう。

(伊勢白山道)
  1. 2021/07/24(土) 16:48:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分「だけ」のことを考えて苦しんでいないか?に注意
2021-07-09 12:02:21 | Weblog

(カレンダーの説明は「2021年7月の自然観察日」を参照)

今日の午後から、明日7月10日の「新月」の影響が強まります。
来週の前半まで、地震と、水害への防災意識で静観します。

そしてやはり、「2021年7月の自然観察日」で説明しました、
・ 7月12日 月曜日(辛酉) 
を注目しています。
こちらは人為的なことに警戒します。

もし、自分が不安感や心配心で一杯になり、不幸なこと、霊的なことを恐れたり、心配になった場合は、試して欲しいことが有るのです。

・ 「いったい自分は、何を守りたいと思って心配するのか?」

このように自分自身に問い掛けて見て欲しいのです。
本当は、守るべき大したことは無いものです。
自分の命にしても、誰もが必ず死んで、アノ世へ行くことは既に決まっているのですから。

その時に、自分「だけ」の事を考えて心配する人は、それでは不安感は消えないことでしょう。
「自分が大切で一番」では、神仏は助けてくれないと思って良いです。

そういう時に、家族や、他人や社会のことを、自分以外のことを、わざとでも良いから心配する人、考える人は、紙(神)一重(ひとえ)で生かされると私は感じています。

自分の利益だけを考えて生きると、その寿命は縮まる。
他のための利益を考える人は、なぜか生かされる。
このようにコノ世は出来ていると、私は感じます。そういう法則を感じます。

もし自分が大金を持ったとしても、他のために成ることに使う気持ちで居ることが、その大金を維持・継続させます。

これを否定するような我良しの成功者は、いつの時代でも居るものです。
でも、そういう栄華は続かないのです。
必ず最後に帳尻合わせが来ます。

自分がダメで苦しいと思う時期こそ、大切な時期です。
大切な修行をしていると思って良いです。
良い結果など、見せなくても良いのです。ダメで良いのです。

本当に大切なのは、他人に成果を見せることでは無くて、
そういう苦しい時の自分が、何を思っているのか?、です。

・ そういう時の自分は、自分だけのことを考えて苦しんでいないか?

これに注意をしてください。
そういう時に、「自分が感謝するべき事」に気付けた人は、夜明けの方向に歩き出します。
自分なりで良いから、ゆっくりと生きる心境が参考になれば幸いです。
  1. 2021/07/09(金) 18:37:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コロナ、ワクチン等々 現実化させない方法


鍵は感情を投じずに飽くまでもニュートラル、です。

そうする事で図書館で読みたい本を選ぶような、ビデオ屋さんで見たい映画を選ぶような、そんなニュアンスで好きな体験を選ぶ事ができるようになります。

『感情を投じる』ことととは、可能性に”生(せい)”を吹き込む事です。

”生”が吹き込まれた”可能性”は、もはや”可能性”に留まらず『実現化』に向けて動きだしてゆきます。

『現実化』に向けて動き出したこの波動はやがて、更にスピードアップしてゆくというわけなのです。

図書館で借りだす本を吟味するように『体験』を選ぶには、貴方の感情を投じずニュートラルに観測する事で可能です。

という事は、貴方の”反応”をモニターすると、引き寄せられてくる現実も事前に把握する事ができます。

つまり心をモニターする事、心のあり方をポジティブに保つ事を大切にする、それをするだけでポジティブな”可能性”をいくつも起動させて動かす事ができるようになります。


はい。
ワタスのように多くの情報が送られて来ると

玉蔵さん。聞いて下さい。

こんな酷い話があります。
こんな風に多くの人が死んでます。

今後、支配者層によるこんな恐ろしい陰謀が企てられているのです。

等々。

いちいち
そうですか。

そりゃ酷い。

この野郎~
やらせはせん!
そのように怒りや恐れのエネルギーを発してたら身がもたないのです。

ワタスの股間だっていつもプルプル震えてたら
いざという時に使い物にならないですよね。

好みの女性に、一発やってく?
などと誘われて、いざというとき使い物にならなかったら日本男児の名折れでしょう。

普段はしーーん。
聖者の如くある。

そして、とっさの時に居合いのように刀を抜く。
それが侍というものです。

ですから普段は何事にも遠い目をして見つめる。
感情を入れない。

へー。
そうですか。

ったく奴らも暇ですね。
そんな陰謀もあるんですか。

では散歩にでも行ってきます。

ってなもんです。

そもそも地底人さんに言わせると
コロナや、ワクチン接種者からの影響。

結局、意識でうつる訳なので、恐怖や怒りを持ったら逆効果なのです。
あくまで全てニュートラル。

現実化して欲しい情報にだけ感情を入れる。

おほぉ!
それめっちゃ楽しそうですね。

ワクワクします。

感情を入れると現実化する。

現実化して欲しくない情報は感情を入れずニュートラルで見つめる。

とかなんとか。
まぁ、理屈では分かっても中々難しいですが。

ワタスはできるだけそう実践してるのですた。




黄金の金玉を知らないか?
https://golden-tamatama.com/blog-entry-corona-no-reality.html
  1. 2021/06/24(木) 13:15:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


自分の命を左右させる存在とは
2021-03-14 12:08:39 | 人間が死後に思う内容と考察
臨死状態から蘇生した人に多いことは、
・ 知っている故人が夢の中で登場して、「まだ早いから来るな」と言われること。
・ その多くの場面に、自分が良く知っている「乗り物」が登場します。

船に乗ろうとしたら、故人である家族が先に乗船しており、「乗るな」と反対される体験。
でも、自分は乗りたかった。

元力士の臨死体験では、巡業で良く乗っていた大型バスに、自分も乗ろうとした時に先代の亡くなった親方が先に乗車していて、「まだ乗るな!」と一喝された夢。

・ 自分が良く知っている故人と、
・ 自分が乗ったことが有る乗り物。
この2つが夢に登場して、乗ることに反対された人は、臨死状態から蘇生しています。

日本では昔から、交通手段が無い時代の臨死体験では、
・ 三途(さんず)の川が夢に登場すること。
・ その川の両岸を往来する「渡し船」と、顔を隠した船頭さんが登場。
・ 向こう岸には、亡くなった家族が居て、「まだ来るな〜」と叫んでいる場面。

つまり以上の現象は、
・ すべてを知っている何かの存在が。
・ その個人が知っている故人と、乗り物の映像を使用して、
・ まだ死ぬべきでは無いと反対した結果で、臨死状態から蘇生しています。

だから、もし子供が臨死体験をすれば、生前に良く見ていた「猫バス」と、亡くなった祖父母が登場して、猫バスに乗ることを反対することでしょう。

このような個人の生死に対して、
・ 医師が臨死状態だと判断した状態からも回復させて、
・ 知る故人が「乗り物」に乗ることを反対する場面を、夢で見させる存在とは何か? 誰か?

私が感じますことは、
・ その存在こそは、自分のすべてを見て知っている「本当の自分」である。
・ 本当の自分とは、神的な意識の自分も、今の生きる自分に共存していること(内在神)。
・ 普段の自分は、「自我(自分中心)の自分」で、誰もが生きています。
・ すべての人類は、「自我の自分」と「神的な自分」、この2本立てで意識が構成されている。
このように感じますます。

本当の自分が(神的な意識の自分)が、
・ 自分の善悪のすべてを見た結果、まだ生きるべきだと判断した場合。
・ 本当の自分が、未来を知っており、まだ役目が残っていると判断した時。
奇跡的な回復が起こると感じます。

つまり、人の人生とは、本当の自分を納得させることが出来るのか?
これに掛かっていると感じます。

他人は理解していなくても、本当の自分は、すべてを共に体験して知っています。
本当の自分が許可をすれば、健康も、金運も、仕事も、個人に与えられると感じます。
今日も、本当の自分(絶対的な良心)が納得するように生きたいものです。
  1. 2021/03/14(日) 13:03:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


恐れるべき相手は、本当の自分だった
2021-03-12 12:06:16 | 残された人達へ~故人からの想い
(1)生きている私達の心と、
(2)死後の亡くなった後の、私達の心。

この2つの心の状態の違いは何か?
私の記憶では、最大の大きな違いは、

・ 思い出す記憶量が、ケタ違いに変わる。
・ 死後は、自分の心が体験した幾度もの転生の人生の記憶を、すべて思い出す。

今の私達の肉体の脳の記憶量とは、1ヶ月前のことも怪しいものです。1年前の今日のこと、覚えていますか?
覚えていたとしても、キーワードに基づく断片的な記憶に過ぎません。

これが、自分が死ぬ時の瞬間には、
自分の霊体が、肉体から浮き上がった瞬間には、
コンマ数秒間の間に、

・ 今生の人生のすべてを走馬灯のように、思い出します。
・ 肉体から離れる時の霊体は、「青色発光ダイオード」のように発光します。
・ 肉体から霊体が剥がれる時は、火を吐く瞬間のゴジラの背中のように青く光ります。
特に霊体の頭部の部分が大きく発光します。


(「青色発光ダイオード」の色。ウィキペディアより)

私はこの青色を、スサノオ・ブルーと呼んでいます。
死後の冥界(めいかい:地獄と霊界を含むアノ世全体のこと)と、神界を繋ぐ神様は、スサノオ神だけです。

スサノオ神の子分であるオオクニヌシ神が、出雲の地で死後の入り口を司(つかさど)っています。
スサノオ神の姉である天照太御神は、伊勢の地で魂の誕生の門を司っています。
スサノオ神の親神は、白山の地で、出雲(死後の世界)と伊勢(誕生の世界)を見守っています。

そして、記憶と脳の話に戻りますが、生きている私達の脳とは、
・ 「脳の10パーセント神話」(すべての人間は、脳の10%か、それ以下の割合しか使っていない説)
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E3%81%AE10%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E7%A5%9E%E8%A9%B1)

が指摘されています。
要は、まだ科学的に脳の活動内容が分かっていない領域が多いので、多くの脳の領域が休眠していると誤解されているようです。
それでも現時点では、稼働率は多くても30%などと指摘されています。

これが、死後の霊体の脳では、ほぼ100%に近付くと思ってください。脳全体が青色に発光するほど神経細胞が活発に活動するイメージです。もう肉体では無いのですが。
死後の、この時から起こり始める現象は、

・ 生きている最中は、脳のたった10%の能力で、誤解したり、忘れたりして、他人を恨んだり、喜怒哀楽を真剣に誰もがしていた。

・ 死後は、脳のほぼ100%の能力で、まず今生の過去の自分を振り返ります。

・ 自分が忘れていたことや、誤解をしていたことも、冷静になった100%脳の自分は、すべての真相を思い出します。

・ 100%脳は、親や兄弟のことも、今生で縁が有った他人のことも、恨んだ相手のことも、
冷静に正確に評価をすることが出来ます。

・ 当時の他人の心中も、本心も、自分の100%脳は正確に手に取るように思い出せます。

そして、何が起こるのか?
100%脳に戻った人の心とは、
「穴があれば入りたい!」
「もう止めて〜〜、自分が悪かったかも・・・」
と分かり始めます。

更に死後の反省の49日間が終わる頃には、今生以外の他の自分の過去生も思い出します。
すると、自分は被害者だと今生で思い込んでいたことも、

・ どうして、そういう現象が、事案が、今生で起こったのか?

これの辻褄が、流れが、連続映画で見るように自分の腑に落ちます。
その時に、大半の魂は、とにかく、
・ 誰も悪く無かった。
・ 仕方がなかった。
・ もっと、感謝して暮らしたかった。

などなどを思う自分に変わっています。
もう生前のような心の状態の自分は居ません。

それから、自分で、自分の行き先を希望します。
完全に公平で冷静な自分の心が、自分が受ける因果応報を自分で決めて、そういう世界に自ら進んで行きます。
霊界は、それに応じた千差万別の世界が厳正に用意されています。
似た者同士だけが、集まる世界が、アノ世の真相です。

誰もが、本当の自分をダマスことも、誤魔化すことも出来ません。
今は10%脳の自分で喜怒哀楽をしています。
死後に、100%脳の自分が、自分で自分自身を判断する世界が待っています。

・ 自分に正直に生きて行くこと。

これが、天国に自ら入る条件と言えます。
本当の自分が観ていることを忘れずに、今日も10%脳で楽しんで生きましょう。
10%脳だから、自分が間違いをする想定もして、謙虚に居ることが大切です。
自分が間違っている可能性。
これを忘れないことが大切に感じます。
  1. 2021/03/13(土) 12:34:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


ただ、ひたすらに一生懸命に生きればOK
2021-02-24 11:55:51 | Weblog

震源地情報:(気象庁:http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.html)

2月23日16時09分ころ、伊予灘で最大震度3の地震がありました。
この地震が非常に気に成ります。


(中央構造線マップ - Googleより)

つまり、中央構造線の始まりの辺りが揺れたことになります。
伊予灘が揺れた場合は、赤丸の地域が、いつ揺れてもおかしくないと思います。
中央構造線という1本に繋がった大断層に沿って、飛ぶ可能性を思います。


(カレンダーの印の意味は「2021年2月の自然観察日」参照)

今日から週末の満月(2月27日)に向けて、注意をしたいと思います。

ところで、禅の道元さんの言葉に、「只管打坐(しかんたざ)」というものがあります。
私の好きな言葉です。

これの意味は、
・ ただ、ひたすらに座禅を組むこと。
などと言われることが多いのですが、私は座禅だけを推奨した言葉では決して無いと感じます。
これは、

・ ただ、ひたすらに生きること。

これに尽きると感じます。これが只管打坐の本意だと思います。
道元さんならば、

・ ただ、ひたすらに生きて見ろよ。
・ その、ひたすらに生きる姿こそが、「仏の姿」「悟りの姿」そのものである。

これを言いたかったと感じる訳です。
何かの「自分だけのための」目的が有って、「自分の利益だけ」の目標のために生きる姿は、それは苦しく見えるかも知れません。
自分が何かに合格するために生きるとは、心が休まりません。
そうでは無くて、

・ ただ、一生懸命に生きる姿。
・ 何も考えずに、善意に沿って動く姿。

こういう姿を見ると、清々しく感じるものです。
そして、嬉々とした生命力を感じます。

自分のためだけの目的のために動くのは、そこに交換条件が有るからです。
これが有ると、一生懸命にする姿も、たしかに頑張る姿ではあるが、美しくは無い。
でも、自分のための交換条件もなく、一生懸命に善意からの仕事、行為に、勉強に、ただ専念する姿は美しく感じます。

病気を治療する姿も、只管打坐だと思います。
自分のためだけに、治療に専念するのは、まだ只管打坐の姿では無いです。

家族を助けるために、早く病気を治療したい。
社会に恩返しをしたいから、病気を治したい。
今までの自分を反省して、他のために成ることをしたいから、病気を治したい。
このように思いながら治療に専念する姿は、只管打坐となり、奇跡も起こるかも知れません。

自分以外のための目的のために、一生懸命に頑張る姿は、それは只管打坐となって広がる、成功する、ことに成りやすい運気が働くと感じます。
それによって、後から自分の利益にもなって自分も生かされると思います。

自分のためが、先ではダメ。
他のためにが、先の場合は成功しやすく、後から自分も生かされる。
これを、自分の良心(内在神)は観ており、真相を知っています。ウソは通じません。

こういうパターンも、皆様の人生の参考に成れば幸いです。
このような法則を知っているほうが、同じ人生を過ごすにも面白みが変わることでしょう。
大切なことは、他のために一生懸命に生きる姿を、自分が持つことだと感じます。

(伊勢白山道)
  1. 2021/02/24(水) 14:02:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんな場所でも安住する覚悟を持てれば、進化が来ます
2021-02-12 11:58:11 | Weblog
最近の私のお気に入りは、一人だけで厳冬の山の中へ、最低限の道具と食料だけを持参して籠(こ)もる海外の動画集を、ちらっと見ることです。
日に18時間もパソコンに向かっていますと、そういう動画を並行して流しているほうが、脳に刺激を与えてくれます。

・ そういう動画の多くは、「無言」なのが、私の好きな点です。自分の作業に影響しません。
・ 大自然の景色は、本当に奥深くて、見ているだけで自然の中に自身が居る気分に成れます。
・ 火おこし、焚き火、燃焼し続ける光景が、私の深層心理(過去生)に心地よいのです。
(過去生で、よく炎を拝んでいました〜)

そういう動画の人達は、
・ 不自由を楽しんでいます。
・ 不自由の中で、工夫することを、楽しんでいます。
・ 不自由の中でも、そこに安住すれば、そこが天国であるかのように無言で楽しんでおられます。

でも、社会に戻りますと、現状から変わりたい、今の生活から逃げたい、と多くの人は思っています。
考えて見ますと、
・ 現状から逃げたいと思っている時が、一番苦しい。
・ 今の環境が嫌いな間は、不満が絶えない。
そういう人が多いと思います。

これを改善するには、どうすれば良いのか?
つまり結局は、
・ 逃げることよりも、その中で工夫して暮らすことを考えること。
・ 現状を変えたいと悩む場合は、その中でも楽しむ視点を持つことから。
・ その場から逃げることを考えるよりも、その中で安住する決意をしているほうが、良い転機が自分に来やすい。

つまり、自分が逃げたい間は、良いチャンスは来ない法則。
自分が、諦(あきら)めて、その中でも楽しむことに専念していれば、そこから変わる話が来やすい。
こういう側面を、多くの人の人生を観ていて感じます。

日本の昔話でも、地獄の中でも他人を助けたり、どんな苦痛の中でもキャッキャと楽しむ人には、鬼のほうから
「もう、ここを出て行ってくれ!」
「お前のような奴が、居るところでは無い」
という感じの、地獄から追い出される話が見られます。

自分とは、合わない場所からは、自然と追い出される法則が在ります。
・ 現状から逃げたい = その場所が、今の自分にちょうど合っている証拠。
・ 現状の中を楽しめる = その場所よりも、1つ上の次元が合う証拠。転機や、進化が来ます。

だからこそ、本当に現状から変わりたければ、
・ その今の中でも、工夫して楽しむ努力を参考に。

こういうことを感じます。
皆様の生活の「思い方」の参考になれば幸いです。

(伊勢白山道)
  1. 2021/02/13(土) 13:26:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誹謗中傷する相手には、「それは良かったね」「満足した?」
2021-01-24 11:57:48 | Weblog
読者から教えて頂いた言葉に、有名な大リーガー選手の発言とするものが有りました。

誹謗中傷をする人に対して効く言葉として、
①おめでとうございます
②それは良かったです
③あなたが幸せそうで私も幸せです
これを、相手に返す言葉の基本に置くということでした。

これは、ほめ殺しのような嫌味な意味では無くて、その嫌な相手に対してでは無くて、
・ 自分の心を汚さない意味で、
・ 自分の心を守る意味で、
このような思い方は良いと思います。

他人を誹謗中傷する人が、一番傷付けているのは、それを言う相手では無いのです。
それを言う自分自身の霊体を、一番に害しているのが霊的な真相です。

・ 他人を誹謗中傷する人=自分自身を口撃している。

これを覚えて置いてください。
他人を罵倒する人ほど、その人の霊体は自傷行為により傷に成っています。
これは、その人の顔相を卑(いや)しく変えて行き、幸運も削って行くのが本当のことです。

ただ、本当に口に出して他人を誹謗中傷する人は少ないし、自分はそんなことはしないと思っている人は多いです。でも、
・ 心中で、他人を誹謗中傷していませんか? キャ~~

心中で他人を誹謗中傷している人は、過半数を超えるかも知れません。
他人だけでは無くて、家族に対してでもです。 
これも、霊的には自分にとってのマイナスと成ります。

しかし、こんなことは小さいことだ、関係ない、と思っている人は多いです。
でも、霊的には違います。
非常に大きなことです。
他人を誹謗中傷したり、心中でも思うと、その人の金運から消えて行きます。 
それが継続しますと、次は健康に影響をし始めます。更には、寿命を削り始めます。

他人を罵倒する心、他人を非難したい気持ち、これを無くす気持ちを意識するほうが、祈願するよりも自分の運命を変えます。 ホントダモン

①おめでとうございます
②それは良かったです
③あなたが幸せそうで私も幸せです

この言葉は、他人に対してだけでは無くて、自分のために、意識をして欲しいものです。

でも、相手をぎゃふんと言わせたい気持ちも有るものです。
そういう時は、笑って返すことが、相手に一番効きます。微笑みだけで十分です。
しかし、これは効きすぎて、相手が暴力をすることも有るから、注意をしてください。

他人を誹謗中傷する人ほど、実は馬鹿にされたく無い人なのです。コンプレックスを抱える人です。
相手は、自分の小さなプライドを守るために、先手で誹謗中傷をするのです。
これがまったく効かずに、笑顔で返されるほど、自分の小ささがこたえます。

本当に強い人ほど、微笑んでいます。これは実は、怖い人かも知れません。
私の経験でも、呪詛神とは、笑っている形象で現れます。(大峰山系は注意)
大黒天様も笑っていますが、この御方も怖いです。真っ黒な中で目だけ笑っています。 ^^。 キャ~~

これからは他人を誹謗中傷する心に注意して、嫌な相手に対しては
「それは良かったね」「満足した?」
という「心中での」精神も参考にして頂ければ幸いです。

(伊勢白山道)
  1. 2021/01/25(月) 16:33:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の幸運に気付くことを邪魔するのが、最初に書きました、 ・ 過去の済んだ出来事への執着心。 ・ 今の自分が執着するモノが有ること。 こういう思いが有る人は、新しい芽に気付けません。 こういう時は、どうすれば良いのか? もし、自分が執着する過去の出来事があれば、それを忘れる努力をすることです。 それでも忘れることが出来なければ、そういう過去を捨てたつもりで居ることです。・ 最高の努力をしながら、執着しないこと。 これだけ努力したのにと、結果への執着を誰もが思い易いものです。 でも、努力はするが、その結果にも執着せずに、その過程を楽しむ心が、 勉強にも、仕事にも、商売にも最善なのです。 良い幸運に気付くことが出来て、より成長しやすいのです。

最高の努力をするが、執着はしない
2021-01-15 11:50:08 | Weblog
既に終わった恋愛や、自分から辞めた仕事など、今でも悔やむ、思い出す、過去の出来事。
または、今の自分がどうしても欲しいモノや、忘れようとしても諦(あきら)めることが出来ない自分が執着するモノが有るとします。

このような思いは、これからの自分を無意識に縛っています。
良い新しい話を聞きましても、耳にフタをされたように聞き流してしまい、幸運を知らずに捨てている人が多いです。


運が良い人とは、その話は良い事だと、気付けることなのです。
運が悪いとは、幸運が既に自分に有るのに、それに気付け無いことです。
ここに運命のカギが在ります。


多くの人は、幸運を呼ぶとか、幸運を創るとかいう発想です。
でも、これでは、幸運は左右されないのが真相です。
幸運は誰にも既に在る。
しかし、それに気付け無いのです。
自分が、気付け無いモノは、素通りするし、流れて行ってしまいます。


第三者から見れば、最高の見合い話だと思えましても、
本人が過去の終わった恋愛に今でも「執着」していれば、その幸運を捨ててしまうものです。
・ 過去の自分の執着心が、今の自分を妨害することを知って置いてください。

自分の幸運に気付くことを邪魔するのが、最初に書きました、
・ 過去の済んだ出来事への執着心。
・ 今の自分が執着するモノが有ること。
こういう思いが有る人は、新しい芽に気付けません。

こういう時は、どうすれば良いのか?
もし、自分が執着する過去の出来事があれば、それを忘れる努力をすることです。
それでも忘れることが出来なければ、そういう過去を捨てたつもりで居ることです。

そして、今の自分が努力をしても中々進まないことは、
・ 自分が真剣に本当に努力したと思えた時は、
・ これ以上自分は努力が出来ないと思う時は、
・ それを一度、止めて見ることを参考にしてください。


休んで冷静に成れてから、それを振り返りますと、
・ まだ、それを努力するべきか、
・ 方向転換をするべきか、
自分で判断が出来ることでしょう。


釈尊が、人生を懸けて仰った全てを、たった一言で表現すれば、それは
「何事にも執着するな!」
でした。

・ 最高の努力をしながら、執着しないこと。


これだけ努力したのにと、結果への執着を誰もが思い易いものです。
でも、努力はするが、その結果にも執着せずに、その過程を楽しむ心が、
勉強にも、仕事にも、商売にも最善なのです。
良い幸運に気付くことが出来て、より成長しやすいのです。


これは、宮本武蔵の言葉にも通じる大事な視点です。
・ 我(われ)、神仏を尊びて、神仏を頼らず。
・ 仏神は貴し 仏神は頼まず。
(自分は神仏を尊んで拝むが、神仏に頼ることはしない。晩年の書「独行道」・どっこうどう)

これに相通じることが、
・ 最高の努力をするが、執着はしない。
と同じだと言えます。
これからの、皆様の生き方の参考に成れば幸いです。

(伊勢白山道)
  1. 2021/01/16(土) 14:25:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多くの人を観ていて思いますことは、 ・ 将来が心配ならば、今を一生懸命に生きれば不安は消えて、大丈夫。 ・ 今を一生懸命に生きる人は、きっと未来も、一生懸命に生きているから何とかなるよ。


未来と過去に心が住むと心配になるから、今の中に住むこと
2021-01-12 12:05:02 | Weblog

多くの人を観ていて思いますことは、
・ 将来が心配ならば、今を一生懸命に生きれば不安は消えて、大丈夫。
・ 今を一生懸命に生きる人は、きっと未来も、一生懸命に生きているから何とかなるよ。


でも、これは逆に言えば、
・ 将来が心配に成るのは、今の自分がするべきことが出来ていないから。
・ 今の生活が中途半端だから、未来も心配に成る。
これも言えそうです。


しかし今の社会の状況は、
・ 一生懸命に働きたいのに、それが出来ない社会情勢。
・ 特に飲食店は、無理に営業すれば罰則になる可能性がウンヌンの報道。

こういう時は、どうすれば良いのか?
ここで思い出す言葉は、

禅僧の良寛(りょうかん)さんが、ご自身が新潟で大地震に被災した時に、
「災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候。
死ぬ時節には、死ぬがよく候。
これはこれ、災難をのがるる妙法にて候。」
と言っています。


つまり、もし災難に遭えば、
・ 下手に動き回らないほうが、安全になる。
・ その状況に従うことが最善である。
・ その災難の中に、どっぷり漬かって見ることが、逆に光明を見い出しやすい。
ということです。


災難から逃れたい一心で、心労して、取り越し苦労の心配をして、他の病気などの2次災難を呼ぶことに注意します。

テレビでは、飲食店を経営する店主が、数十人の従業員を抱えて苦労されていました。
自分の店の味を守るために、70歳を超える店主が毎日の仕込みをして、経理も一人でしているそうです。
今の公的な支援金も、その書類が準備できないために、受けることが出来ていません。

労務士に頼んでも、従来の顧客優先で手が回らず、すべて断られたそうです。
結局、書類申請も出来ないままで、営業すれば罰金の話しも聞き、激怒と悲壮感が御顔に出ていました。パソコンなど、触ったことも無いのにと苦渋を漏らしていました。

店主の健康が心配です。風邪よりも、心配と怒りで倒れないで欲しいものです。
昔の江戸っ子気質のような店主に、思い詰めないで欲しいものです。事態は深刻です。

そういう事態ならば、店の若い人を1人選んで、とにかく書類作成と公的機関への問い合わせに専任させるのが、今は良いと思います。
自分の店の従業員を使って欲しいものです。

とにかく、営業停止命令などを受けないように、今の状況を見聞きして、罰則の内容を常に調べて、対応をして欲しいです。
これからは、独断営業で得る利益 < 受ける処分内容、と成らないように臨界点を見極めることが、すべての店主に必要です。

困難の中を、精一杯に生きてこそ、そのすべてが本当に良い思い出に変わります。
すべてをただ避けるだけで、中途半端だと、本当の自分が納得してくれないのが人間なのです。
・ 本当の自分を納得させることが出来るのか?
これが、人が生まれて来る目的だと感じます。

誰もが、自分の環境の中で、精一杯に生きましょう。
行け行け、進め進め、今の中に生きましょう。
(中今・なかいま=未来と過去に心が住むと心配になる。だから今の中に住むこと)

(伊勢白山道)
  1. 2021/01/12(火) 12:54:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の心配心は、過去の記憶からの想像では無いか? 常に新規の今を、正しく見た上での心配なのか? これに注意して欲しいものです。 人生での苦労とは、現実に遭う苦労は30%であり、 あとの70%は、人間関係における想像の気苦労ではないか? 気苦労のために、人は自分の生命力を削っていると感じます。 もし想像する気苦労をゼロにした場合、人生観が変わると思います。 いつも、ニコニコと笑っていることでしょう。 先入観を捨てる練習。 常に新規の今であり、相手であると、思って見ること。 どんなことも必ず変わって行きますから、絶望せずに生きて欲しいものです。

先入観を捨てる練習が大切

2020-12-24 12:03:45 | Weblog
先入観にとらわれない自由な心を持ちたいものです。
自分の怒りや、心配事は、「自分の先入観が元に成っている可能性」に気付いたほうが良いと思います。

「〜に違いない!」「あの人は変わらない」

という前提で、今のことよりも、知らずに過去の出来事を「合わせて」怒ったり、心配したりしていることが人に多いと感じます。

・ 人は、今の相手よりも、相手の過去の出来事に怒っている可能性を注意します。
・ 今の相手を、正しく見ていない可能性に注意です。

クリスマスと言えばケーキです。
私が子供の時に、1度だけ家族に内緒で、冷蔵庫に仕舞ってあったお菓子を先に食べたことがありました。
でも、その後は、お菓子が無くなれば犯人は私の前提で、事実確認をする前に怒られたものです、笑。

人間は、一度嫌いだと思った他人は、その後に何でも無いことでも相手を拒絶する前提での対応に知らずに成りがちです。隠しても態度に出ています。
これが会社でも、夫婦でも、家族同士でも、学校でも有ることです。
そういう悪循環の上での、怒りや、心配に注意したいものです。

自分の心配心は、過去の記憶からの想像では無いか?
常に新規の今を、正しく見た上での心配なのか?
これに注意して欲しいものです。


人生での苦労とは、現実に遭う苦労は30%であり、
あとの70%は、人間関係における想像の気苦労ではないか?
気苦労のために、人は自分の生命力を削っていると感じます。


もし想像する気苦労をゼロにした場合、人生観が変わると思います。
いつも、ニコニコと笑っていることでしょう。


先入観を捨てる練習。
常に新規の今であり、相手であると、思って見ること。
どんなことも必ず変わって行きますから、絶望せずに生きて欲しいものです。

仕事も生活も、パターンの先入観の中で生きていますと、面白味(おもしろみ)が消えて行き、苦痛になるものです。
でも、本当は毎日が、一期一会(いちごいちえ:一生に一度の出会い)なのが実際です。

余命宣告を受けた人は、毎日が新鮮に感じることが起こり得ます。
パターンの食事でも、これが最後の食事かも知れないと思えます。すると味が変わります。
いつもの、あの人を見掛けるのも、これが最後に成るかもと思います。相手の御顔を、良く見るように成ります。

そうしますと、健康な時には気付けなかったことを、発見しだすのです。
人間は、いかに良く見ずに生活していたかが、病を得れば分かり出します。
これが高じれば、木々や植物、動物たちなどの大自然の気持ちも分かることが人には有り得ます。

先入観を捨てるだけで、人には様々な可能性が広がるかも知れません。
仕事でも、新たなアイデア、気付きが起こることでしょう。
皆様の参考に成れば幸いです。

(伊勢白山道)
  1. 2020/12/24(木) 13:26:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の運勢を変える最善の方法、それは反省することなのです。思い出すことは、聖者ラマナ・マハルシも、 ・ すべての苦しみは、善だ。 と言い切っています。 自分をより良くするために、苦しみが生じると。 そして、「自分は肉体だ」という思い込みの間は、苦しみは継続すると言います。 「自分は心だ」と真の正体に気付いた時から、苦しみは去ると言います。

「苦しみ」について
2020-12-12 11:53:32 | Weblog
「どうして私は、このように苦しまなければ生けないのでしょうか?」

このように思う人は多いです。
ただ、「どうして私は苦しまなければ生けないの?」という思考をする状態では、
・ それは、まだ続く可能性が高い。
・ まだまだ、人生の学びと、昇華が起こる可能性が高い人。
このように霊的には言えます。

それは、なぜでしょうか?
・ 自分は何かの被害者だという意識。
・ この苦しみの原因は、自分以外の責任で生じているという思い込み。
・ 自分が知らない過去生の原因か、憑依か、誰かの呪いか生霊か、
とにかく「自分以外に原因を探し求める癖」に成ってしまっている。

これでは、自分自身は反省することは無いのか?
反省の無い人は、自分の改善点にも気付けません。
これでは、現状のままが継続するのです。
苦しみが繰り返すのです。


でも、自分の運勢を変える最善の方法で、簡単な方法があります。
それは何か?  (マタ ライシュウ~ニネ ウソ)


それは反省することなのです。 (ジャ~ン)

反省する人は必ず救われます。変われます。
聖書でも言うことは、「悔い改めよ」。
親鸞聖人も、「善人が救われるならば、反省する悪人はもっと救われる」キリッ! 悪人正機(あくにん しょうき)。

仕事でも、上司が部下の仕事の間違いを厳しく怒ります。(仕事のためです)
でも部下は、反省せずに、そのままならば、怒られる苦しみは継続します。
そして部下が、「どうして私は怒られなければ生けないの?」という態度では、部下の仕事は改善するのでしょうか?
いつまでも、そのままです。

以上を読んでも、まだ、「どうして自分だけ」という意識が消えない人もおられることでしょう。
嫌な自分自身の生活を静観するのは嫌だから、見てしまう光景は幸福そうな他人ばかりが目に付くことでしょう。

理屈は分かっても、腹が立つことでしょう。
そういう場合は、「仕方がないよ」と脱力して見ることも良いです。
人は脱力した時に、自分の見る視点が変わって行くことも有り得ます。

言えますことは、どんな苦しみも無駄では無いのです。
その、すべてが天に記録されています。
自分の理解不足で苦しみから脱することが出来なくても、それも無駄では無い。

誰もが必ず、いずれ死んで行くのです。
その時に、回り道して苦しみばかりだった人も、救われます。(自殺さえしなければ)
実は、苦しみが大きかった人ほど、その救いの安楽感は大きく成ります。ヤッター
すべては完全で完璧な慈悲の元で、私達は苦しんだり、楽しんだりしているのです。
神様のお庭で、「さあ、自由に遊んでおいで」と見守られながら、今のここに居るのです。

思い出すことは、聖者ラマナ・マハルシも、
・ すべての苦しみは、善だ。
と言い切っています。
自分をより良くするために、苦しみが生じると。

そして、「自分は肉体だ」という思い込みの間は、苦しみは継続すると言います。
「自分は心だ」と真の正体に気付いた時から、苦しみは去ると言います。

これも良く分かります。
(ちなみにラマナ・マハルシの晩年は、癌に侵されて肉体が腐る中を生きて、笑顔だった。医学的には激痛のはずだった)

今が苦しい人が多いです。
でも、慌てずに、共に頑張りましょう。

(伊勢白山道)
  1. 2020/12/12(土) 15:27:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

・ 自分だけが知っていれば、それで十分。・ 他人を分からせたい欲、に注意です。 「自分が正しければ良いじゃないか」 「他人に理解されなくても平気」

他人に分からせたい自分の欲に注意
2020-12-02 12:10:10 | Weblog
多くの人を観ていて感じますことは、

・ 自分だけが知っていれば、それで十分。
これが信じられない人が多いのです。

他人に分かってもらえないことは、自分が正しくても、すごく悔しく成る。心配に成る。
どうしても、他人に分からせたい、と思ってしまいストレスを感じてしまう。

更にこれが高じますと、
・ 分かってくれない相手が悪い。自分は悪くない。
そして、ヒステリーを起こしたり、暴力もしてしまう人もいます。

・ 他人を分からせたい欲、に注意です。

「自分が正しければ良いじゃないか」
「他人に理解されなくても平気」


以上は、自分の生き方や、人生に関して言えることです。
でも、仕事では、以上は厳禁です。

職人のように、「見て覚えろ」「無言の教え」などという説明不足はダメです。
相手を理解させる責任が、同僚に対しても、お客さんに対しても有ります。
自分が誤解を受けない努力をするべきなのが社会人です。

では、家族に対しては、どうでしょうか。

自分の説明不足から問題やムダが生じれば、自分に金銭的な損も生じますから、
・ 家族への説明努力は大切です。

そして、生き方や、人生に関しては、
・ 自分の生活態度から、無言の教え、無言の説明、を見せて行くことも大切です。

でも、家族には特に、「自分の分からせたい欲」に注意です。
「なぜ分かってくれないの!!」
が、家庭内暴力の原因に在ります。

説明を尽くしても、相手に理解されないことは有ります。
そういう場合は、
・ 時間の経過に、お任せすること。
・ 自分が本当に正しければ、いつか分かってもらえる。
こういう気持ちで居ることも参考にしてください。

では、霊に対しては説明は要るのか?
・ 霊に対しては、「自分の気持ち」が霊に分かりますから、言葉以上の説明が既に出来ています。
・ だから言葉の説明や、「言語の違い」で悩むよりも、自分の思う気持ち、態度が、重要に成ります。
・ 霊に対しては、言葉よりも、「行為」「態度」が重要な言語に成ると思ってください。

だから、行為の無いことは、霊には伝わらない、意味が無い、と思っても良いです。
線香やお茶を供える手間作業が、準備する労力が、掛かる金銭が、すべて言葉以上の説明として、霊に届きます。

・ 霊には、100の説明言葉よりも、3本の線香か、1杯の熱いお茶が、無言の100の説明に成り代わります。

死ねば誰でも分かりますが、
自分(霊)を供養してくれる人が、物凄く貴重で、有り難い存在で、神仏や天使に思えるほどです。

霊が見えていないのに(霊には、生きる人が霊側を見えていないことが分かる。まったく視線が合わないから)、
何も返事も無いのに、それでも供養してくれる生きた人とは、
ホームラン級のアホウか、
その性根は、見掛けによらず、善徳の御方なのです。

とにかく、他人を分からせたい自分の欲に注意して、
他人に理解されなくても、自分なりの人生を生きましょう。
  1. 2020/12/02(水) 13:20:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ