FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

生き続けている偉大な遺伝子(肉体)たちを信じること

今朝に感じましたことは、
「もっと自分の遺伝子を信じましょう」
ということでした。
生物として、何万年も何千年間も、自分の先祖たちが生きて繋いでくれた遺伝子です。
今の自分が存在するということは、遺伝子の連携が一度も切れなかった証明です。

魂が、その一度も切れなかった遺伝子の最新型(=肉体)を、自分の善徳貯金の量に合わせて借りている最中が今生です。
自分の貯金(徳分)の中で借りた肉体(遺伝子)を、自分が生きている短い間は信じてあげて、今の自分から遺伝子(先祖たち)に感謝をしてあげることが大切なのです。
多くの人は、遺伝子の存在をアタリマエにしており意識もしていません。
だから、自分の色々な面が弱るのです。チャンスにも弱いのです。


何千年間も、無数の魂が乗って使用し続けた遺伝子を信じることが大切です。
太古の超強度の放射線環境の中でも生き続けた遺伝子たちです。火山の噴火や、飢饉や、大地震、戦争、の中でも生きて繋がった遺伝子たちを信じましょう。
自分の遺伝子には、過去に借りて使用した多くの魂たちの「思い」の断片が残っています。


その遺伝子に刻まれている「思い」には、良い思い出もあれば、苦しかった時の思い出もあります。それが誰の肉体にも残存している訳です。
その上に、今回に借りている自分の「思い」を上書き修正をしている最中が今生なのです。
だから人が生きて遺伝子を借りている最中は、
(1) 生き続けている偉大な遺伝子たちを信じること。
(2) 自分の遺伝子(先祖たち)に感謝を忘れないこと。

が、自分へのメンテナンスとして必須なのです。
これを知るだけでも、運命の運び方が変化をします。これは大切な真実です。


考えて観ますと、では遺伝子の元はどこから来たのか?
隕石に乗って粘菌として地球に到来した光景も脳内に浮かびます。
遺伝子の先は、根源なる宇宙の存在に確実に繋がっています。
遺伝子(先祖たち)の先には、今も神様が確実に実在しています。
生きる人間の全員が、元の神様と繋がっている最中が今の人生なのです。
これも信じられる人は、幸いなる人です。自分の遺伝子の再起動に影響します。

今日も自分の遺伝子(先祖たち)に感謝して、思いっ切り生きましょう。
明るく生きることは、自分の遺伝子にも最高のプレゼントに成ります。

(伊勢白山道)
  1. 2014/02/20(木) 13:17:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ