FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

自分が食べる食物についてはよく調べて吟味しなさい

現代にこそ言える大切なこと

釈尊の言葉

金銭を集めることに執着をせずに、
自分が食べる食物についてはよく調べて吟味をします。


そういう人々が悟り、無心に成れた場合は、その人の運命は未知なものと成り、
その未来を知ることが出来ません。
それはまるで、大空を飛ぶ鳥の軌跡が見えないようにです。

(原始仏典 ダンマパダ7章-92番)

(感想)
金銭というものは、欲しい時には集まらない「生き物」です。
釈尊は、財産を持つな、金を儲けるな、とは仰っていません。これを誤解してはいけません。
集金団体が、「釈尊が財産を持つなと仰っている」という逆の解説をして、一般人から金銭を集めることに執着をします。これこそが大罪です。

釈尊の本意は、金が有ろうが無かろうが、そのことに「執着をするな」と言うことです。金の有無に左右されるなと言うことです。
大金持ちでも金銭に執着が無ければ、それは素晴らしいことであり、財産を保持したままでも因果を受けません。
お金が無くても、それで自分の心を傷めなければ、心が豊かな人物に成ることが可能です。

自分の善徳貯金が貯まり始めますと、お金のほうから自然と「来る」ことが起こります。
上り調子の人を視ますと、今までの善行が爆発するように、金銭の方からその人に寄っている様を感じることがあります。その人が拒否しようが、どう転んでも金が集まる事態に向くのです。これも良い意味で、因果の法則が発動していると言えます。


そして珍しいことに、釈尊が自分の食事については良く調べて、自分なりの最善を尽くしなさいと指摘しています。
考えて見ますと、禅宗などは食事を作ること、正しく物を食べることが、重要な修行の要素に入っています。作務(さむ)という、食事が「動の瞑想」に成っています。
私も食べ物の記事やコメントをよく書いてますが、霊的な要素としても欠かせないからです。

無心に成れるためには、
* 執着を持たないこと。
* 食事を大切にすること。
この2点の継続が重要なカギに成ることを覚えて置いてください。


次に釈尊が、「無心に成れた人ほど、その人の未来は白紙になり読めません」と断言されています。
私がよく言います、「人の運命は常に今が起点となり、未来は白紙です」
「運命があるとすれば、その人の生活上の惰性という方向性だけです(慣性の法則)」
という発言を、この章で釈尊も裏付けをしてくれています。
ただし釈尊は、「無心に成れた場合」と条件を付けておられます。

たしかに無心に成れた場合は、先入観も無いですし、今までの生活のパターンから脱却することに成り、運命は未知に成ると感じます。
ただし、「何も考えないこと」「カンナガラ(内在神との一体感)に成ること」「あるがままに成ること」
これが難しい訳です。

ここで逆の視点を持ちます。
「無心で無い人の運命は読める」
ということです。
例えば悪い事をしている人が、それを止めないままでいるとします。
その人の友人が、そのままでは頭を打つことに成ると助言をします。その後にやはり悪事をしていた人が罰を受けます。
友人は予言をしたことに成ります。人の運命が読めたことに成ります。

このように自分の生活習慣のパターンを冷静に見るだけでも、その「方向性・ベクトル」が行き着く先のパターン(運命)は読める訳です。
ここで大切なことは、今にする「努力」が重要であり、絶えず今の努力が未来のパターンを変更しつつ創造している「最中・ing」だということです。

つまり、無心に成ること=懸命に努力すること、これでも良いのです。
無心に成ることが難しい、分からない、と思えば懸命に自分が出来る生活努力を致しましょう。
これを諦めずに継続しますと、自分の明日は必ず変わって行きます。

努力もせずに、未来を知りたがることほど運命が悪く成ることはありません。
それは先入観の植え付けと、諦めが、自分に生じて本当の白紙の未来が悪化して行くことに成ります。
人間は、落ちて行くことも自由である現実を忘れないことが大切です。
すべての原因は今の自分に有るのです。

(伊勢白山道)
  1. 2014/08/30(土) 14:13:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ