FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

尿療法の実践方法

尿療法も「飲む」だけではなく、湿布、うがいなどの使い方があります。尿を大きく分けて体内に使う方法と体外に使う方法です。古来からそうした使い方がされていたこともわかっています。

【内容的な用法】
1.口から飲む
これが基本です。尿療法は血液の一部であって汚物ではないのですが、汚いという誤解と思い込みがあります。尿療法の初期に、納得して尿療法を始めた人には医師が多かったのですが、尿は汚物という間違った知識がなく、尿はきれいなものという正しい知識があったことによると思われます。

2.うがいをする
口に含んで、普通のうがいよりも長い時間うがいをします。1回でうがいを何回か繰り返すとか、うがいを1日に何回か行います。最先端の免疫分野の研究では、口腔内の粘膜が微量活性物質の吸収と働きにかかわっているのではないかと推定されています。

3.さす、ぬる
4.入れる
痔で苦しんでいる人が多いといわれます。排便の方法の違いなどにもよるのでしょうが、痔の場合は患部を尿で洗う、あるいは尿を浸した脱脂綿を患部に挿入します。

【外用的な用法】
尿を外用的に使用する場合は、2~3日たった古い尿を使用する方法がより効果があるようです。尿素が空気中の酸素に触れてアンモニアに分解され、強い殺菌効果が出てくるためと、皮膚から吸収されやすくなるためだろうと考えられます。

5.マッサージする
6.漬ける
水虫や皮膚病に効果があります。
7.湿布をする

尿療法 驚くべきこの効果より引用
  1. 2015/10/31(土) 11:52:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ