FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

人は時間・期限を乗り越えて、今の瞬間瞬間に懸命に生きれば、コノ世では怖いものが無くなるのが真相です。

今年も有り難う御座いました!
2016-12-31 11:11:29 | Weblog
2016年も過ぎようとしています。
多くの人々が年の区切りを楽しみます。
でも不思議なもので、人を苦しめている大きな原因に、時間の区切り・時間制限が大きく影響しています。

* 何歳までに結婚をしなければ生けない。
* 何歳までに出産をしないと厳しい。
* 受験が終わるまでは、我慢しないと。
* 子供が成人するまでは、耐える。

人は時間・期限に追われて、人生も、生まれる命も、家庭も左右しています。
それは自分の人生を本当に生きているのか?
時間に追われたロボット・コピーに成るために生きているのか?

時間の期限=他人からの視線の為に生きること。
かも知れません。コノ世の大きなトリック(誤魔化し・幻想)が時間・期限の概念に在ります。

* 霊的には時間は無い。在るのは今だけです。

* 今と同時に、済んだ過去も今と並行して今に生きています。
だから今でも、過去に苦しめられます。

* 済んだ過去を救うには、今の時点から感謝を送れば良いです。今にする供養も過去に届きます。
すると済んだはずの過去が、「もう良いよ」「分かった」と伝えてくれます。

更には、時間が無いから、死後も継続するのです。
コノ世での時間・期限の勝利者(コノ世的な成功、思い通り、スケジュール通りの人生)の人は、
* 時間・期限を信じ込んでいますから、アノ世を信じないかも知れません。

以上のようなことが霊的には言えます。
しかし、そう言いながら、大晦日という時間・期限を今日は楽しみます、笑。
でも、2016年にも執着はしない訳です。

人は、時間・期限に執着(何歳までに何々をしなければ生けない)さえなければ、その時間を「楽しむ」ことが出来ます。
時間・期限には負かされません。

明るく2016年を送り、新しい2017年を楽しみに生きましょう。
人は時間・期限を乗り越えて、今の瞬間瞬間に懸命に生きれば、コノ世では怖いものが無くなるのが真相です。
生死をも超越するからです。でも、ここまでは中々成れないものです。

今年も本当に有り難う御座いました。
私は来年も、常にここに居ます。
いつでも遊びに来てください。

(伊勢白山道)
  1. 2016/12/31(土) 19:16:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ