FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

やはり、普段からニコニコ笑顔の人はお得です。 ニコニコ笑顔の人をイジメれば、大変なことに成ります。 ニコニコ笑顔のエビス神が怒れば、その裏の顔は怖い大黒天です。 だから、社内でイジメられる人は、暗い顔をしていれば、余計にイジメを呼びます。相手が、イジメたくなるのです。 ニコニコ笑顔を心掛けて見ましょう。

ニコニコ笑顔は恐ろしく、強い
2018-11-27 11:51:16 | Weblog
大相撲で若い力士が優勝されて、本当に良かったと思います。
相撲界で日本人の力士が伸び悩む光景を長く見ていまして、日本人の体は弱くなってしまったのだろうか?
と心配していました。

優勝された力士も、決して大きな体格では無いのですが、肉体の軸の強さ、体幹、肉体の芯からの力、というものを感じる力士です。
報道で聞いたエピソードでは、

・ 生まれて初めてカップ麺を食べた時に、プラスチックを食べている気がして吐いた。

というものがありました。親が愛情を込めて作る自然の食材からの食事が、力士の肉体を芯から育てたのでしょう。
今では海の海水にもプラスチックが溶けており、海産物や塩からもプラスチック成分が検出されることが問題になっています。

プラスチックを食べて育った平成の子供たちは、昭和の力士とは違うようです。
でも、もう食材の容器からも含めて、既にプラスチックを避けることは難しい時代です。
プラスチック成分が人体に与える影響から感じますことは、

・ 性ホルモンに影響して、男女ともに中性化を促進させる。
男性ならば、精子の減少傾向。
女性には、多毛と、男性化。

・ 不妊の時代を促進。
少子化は食材からの宿命だった。

逆の意味では、中性の観音様を生む時代の始まり。
ミロクの世への布石。
とも言えそうです。

人類が石油を触り始めたことは世紀の宿命であり、100年後には、今のようになる事態が予定されていたとも言えそうです。
これからますます、人工授精と、自然妊娠の比率が逆転して行くのでしょう。

SFの未来社会を想像しますと、
・ 富裕層だけが、人工妊娠・人工出産を行い、街で子供を見掛けますと、それは富裕層を意味しており、人々が好奇な視線を向ける姿。
・ 自然性交しても妊娠しない人類になってしまっており、乱れた性産業と致死性の性病の蔓延。
このような映画のシーンを見たような気がします。

カップ麺につきましては、陶器のドンブリをお湯で温めておき、そのお湯を捨ててカップ麺の中身を入れて、熱湯を注いで陶器の皿でフタをします。
これだけでも、カップ麺のプラスチック味は消えます。
このような工夫をして、自衛をしましょう。

このような心遣いが、将来のガン因子を抑える気がします。
食材と食べ方で、人の運命も変わると言えます。

ところで、優勝をされた力士の親方を観ますと、
丸い・円い・◯い人。 ドラエモンのような優しい人。
縁起が良い人。 福を呼べる人。 控えめな人。
このように感じました。なかなか居ない御方です。

今回の優勝には、新しい親方の運気も関係しているようです。
その一方で、非常に心配な御方も居ます。
北一輝(きた いっき)という霊的存在が、三島由紀夫氏を連れ去ったように、憂国だと見せかけて、その本質は別にある霊界が、いまだに有名人を選んでは干渉しています・・・・。

ここで、福を呼べる人物で思い出す人は、

(ウィキペディアより:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E5%9B%9B%E9%83%8E)

仙台 四郎(せんだい しろう)です。
言葉をほとんど話すことは出来ませんでしたが、とにかく子供が遊ぶ姿をニコニコして眺める優しい人物でした。良寛さんと同じです。

この人に食べ物を上げた人には、後から数倍になって返った。
この人が勝手に食事の店に入り、ただニコニコして立っているので、店主が追い出さずに仕方がないと思って、無料で何か食べさせて帰してから、その店が異常に繁盛した。
怒って追い出した店は、潰れた。
などなどが続いたようです。

「四郎馬鹿(シロバカ)」、アホの子、と言われながら、その悪意の無いニコニコ笑顔から誰からも好かれたようです。
後に、福の神の化身だったと言われて死後に祭られています。


やはり、普段からニコニコ笑顔の人はお得です。
ニコニコ笑顔の人をイジメれば、大変なことに成ります。
ニコニコ笑顔のエビス神が怒れば、その裏の顔は怖い大黒天です。


だから、社内でイジメられる人は、暗い顔をしていれば、余計にイジメを呼びます。相手が、イジメたくなるのです。
ニコニコ笑顔を心掛けて見ましょう。

  1. 2018/11/27(火) 13:16:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ