FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

私は受け付けない


「受け付ける」か否かで、運命が分かれる
2017-12-21 00:45:06 | 健康アレコレ
ドキュメンタリー番組によりますと、
・ 食べなくても、低カロリー食でも太る人。
・ どんなに運動しても痩せない人。
・ 異常な肥満になる場合。

このような人を調べますと、ある特定の「ウイルスに感染」していることが分かったとのことです。
研究者は、そのウイルスを「肥満ウイルス」と呼び、米国で調査をしました。

最初は、肥満がウイルス感染で起こるとは有り得ないとされ、バカにされていたそうです。
でも、動物実験で肥満ウイルスに感染させた上で肥満化が起こる実証データを重ね、今では国費で更なる実験をしているとのことです。

本当に肥満が特定のウイルス感染で起こるならば、そのウイルスを消滅させる飲み薬1つで、人類の肥満が解決する可能性が有る訳です。
これは莫大な市場利益を生むことは間違いがありません。

・ 肥満は、ウイルス感染で起こる。

これを番組で見た時に思い出したことは、
山形大学教授による春ウコンの論文( http://www.haru-ukon.com/index.php?%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AF%E7%99%8C%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%9A )
でした。

この論文の内容も、要は、
・ 癌は、嫌気性(増殖に酸素が必要では無い)のウイルス感染で起こる。
・ 癌は、ウイルス感染である。

という発想のようです。
確かに短期間に全身に癌が転移する様子などは、まさに「感染」に似ていると素人ながらに思えます。

ここからが今日の本題に入ります。
では、原因がウイルス感染ならば、全員に肥満が広がらない理由は?
番組で紹介された研究者は、ある特定の州から肥満比率が高まり、順番に周囲の州へと肥満ウイルス感染者が増えたという、サンプル検査の統計まで示していました。(これには私は懐疑的です)

とにかく言えますことは、肥満ウイルスに感染した肥満者と同居していましても、痩せている人も多いのは間違いがありません。
これを考えた時に私は、「受容体の有無」という感じがしました。

つまり肥満ウイルスを浴びても、そのウイルスを「受け付けない体質」ならば関係が無い訳です。
肥満も癌も、本当にウイルス感染ならば、「受け付けない体質」がカギに成ります。

今日の言いたいことは、
・ 他人からの悪口やストレスも、それを「受け付ける人」は心身を壊すほど悩み苦しむ。

・ 他人からの悪口やストレスも、まったく「受け付けない人」は、その相手を見て逆に笑っている。

この両者には、天地の違いが生じます。
なぜ、「受け付けない」ことが可能なのでしょうか?

これからの対策としては、病気も悪口も、ストレスも、
・ 「私は受け付けない」
という心中での暗示は、「言霊」として意外と作用すると感じます。

上記のような可能性、物事の流れ、の仮説を理論的に知っておくことは、自己暗示を強化サポートします。
少し楽しく、皆さんと試して見ましょうか。

(伊勢白山道)
  1. 2017/12/21(木) 23:57:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もし、今の生活の中だけに住み続ければ、人は覚醒します。悟ります。 このことに、コノ世のカギが在ります。 | ホーム | シャドーの反対に、何にでもに感謝する自分の生霊を生み続けること。 感謝する瞬間、感謝する時を繰り返すことで、感謝する自分自身の明るい影も生まれるのです。 悩むシャドーが生まれる原理と同様にです。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikari853.blog76.fc2.com/tb.php/769-4e32112d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)