FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

弱は強に勝つ。 ・ 相手を倒す時は、弱者の振りをしなさい。 ・ 弱い人は、心だけは柔軟さを維持しなさい。そうすれば、いつか必ず強に勝つ。

知恵が深い見本です
2018-04-23 11:28:51 | 老子の人生論
参考記事:老子の言葉 第三十六章「慌てなくても大丈夫ですよ」

「老子の人生論 」第三十六章

何かを(会社、嫌な相手、など)「小さく」してやりたいと密かに思うならば、
その対象を「大きく」するように振る舞いなさい。

相手を弱めてやりたいと密かに願うならば、その相手が「強い」と持ち上げなさい。

何かを根底から禁止にさせたいと思えば、それをしばらく黙って流行らせなさい。

相手から何かを奪ってやりたい時は、しばらくは逆に「それ」を相手に与えなさい。


以上をもって、これこそが奥深い洞察力がなせる人間科学である。

弱い人でも、心さえ柔らかければ、非常に屈強でも心が固い相手には必ず勝ちます。

魚は水の深みから出ては生けません。
得意分野から離れれば、捕まるということです。

以上のような管理者にとっての秘密の策略方法を、民衆には絶対に教えては生けません。
内緒にしておいてね。

(感想)

「とにかく頭が良い」、と唸るしかない項が「第三十六章」です。

・ 人間が持つ欲望のサガ(性)を知り尽くした上で、
・ 目先でなくて、長い視点を持って、確実に相手を倒す知恵。
・ 自ら手を下さなくても、相手が勝手に自滅する方法こそが真の勝利。

このような内容が説明されています。
このような知恵に掛かれば、まるで「詰将棋」のように、弱い駒でも相手を自滅させることでしょう。

企業間の競争、上司と部下、人間関係、投資で勝つ方法、詐欺の極意、色仕掛け、などなど色々な分野に当てはまる手法が説明されています。
日本人は、特にこのような策謀に弱いと思います。
後で気が付けば「遅かった」「まさか」という事態に成ることが目に浮かびます。
現代社会でも十分に通じる戦略です。

弱は強に勝つ。
・ 相手を倒す時は、弱者の振りをしなさい。
・ 弱い人は、心だけは柔軟さを維持しなさい。そうすれば、いつか必ず強に勝つ。

あれ? 
執着をしない、意固地に成らない、柔らかい心を持った女性には、男性は一生勝てないということです。
結果的に、「そうなる」ということです。これは確かに言えそうです、笑。

今が苦しい人は、男女共に自分の心だけは、「柔軟性」「自由な視点」を忘れないで居ましょう。
そういう心の人には、いつか「動くべき時」「動くべき内容」が見え出すものです。
何も見えない間は、柔軟な心で待つということです。


この項で私が特に面白いと思った箇所は、
「魚は水の深みから出ては生けません。得意分野から離れれば、捕まるということです。」
ここです。

老子=魚、と置き換えますと、
「このような秘密の本音をバラすことは、非常に危険が伴います。
だから私は、国家の図書官僚という立場を離れません。
もし一般人に戻れば、捕まるかも知れません」
このようにも言い換えられます。

そして更に、「これを他人に言ってはダメだぞ」「秘密だぞ」と念押しする訳です。
そう書かれますと、逆に人に言いたく成るのが人間のサガです。
「押すなよ、押すなよ」と言われれば、人は押してしまうのです。
内緒話は、逆に広まるということです。
しかも、知るべきポイントの相手にです。

老子は自分の身を守りながら、社会の秘密を民衆に言いたかったのでしょう。
しかも遊び心を持って、「秘密だよ」と言いながら逆に拡散させるための宣伝手法も、老子自らが取っています。
知恵が深いとは、こういうことか、という項でした。

(伊勢白山道)
  1. 2018/04/27(金) 15:29:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<* 分からないことは、本当の自分に聞け。* 本当の自分が、知っている。本当の自分自身からの、やっとのサインは、・ 「何となく」という感情で受け取ること。これだけでも知って置いてください。 | ホーム | 【警告】生野菜はよく洗ってから食べましょうう。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikari853.blog76.fc2.com/tb.php/778-002d157b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)