FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

社会で生きる上での重要な幸運を呼ぶ「心の持ち方」が説明されています。・ 相手が劣っている、と思わないように。・ 自分が勝っている、と思わないこと。・ 他と比較した優劣の思いを持たないこと。・ 他者に対して、やっつけてやりたい、という意図を持たないこと。・ 他に対して憎悪の心を持たないこと。・ 他の存在に対して、絶対的に慈悲(情け)の心で居ること。このような心の持ち方と生活態度が、自分自身の運命を改善して行きます。


弱者に対する自分の思いが、自身の運命を創ります
2018-06-20 11:22:18 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編
他人から非難されるような悪い行為を、わざとしては生けません。
すべての生き物が安楽で、平和でありますように。

動物も植物も、細長い生き物も、巨大な動物も、大中小と微細な生物も、

今のここに存在するすべての生き物、過去、未来に存在する生き物、遠方に、近場に、存在する生きる生命たち。
すべての生きる生命が安楽であることを思います。

どんな生命の間でも、お互いの間において、
・ 相手が劣っている。
・ 自分が勝っている。
という優劣の思いを持っては生けません。

・ 他者に対して、やっつけてやりたい、という意図を持たないこと。
・ 他に対して憎悪の心を持たないこと。
これを自分が持たないことが重要です。

まるで母親が、自分の子供のために命を捨てる覚悟を持つように、
すべての生き物に対して絶対的な大きな慈悲(情け)の心を持つように、
コノ世で修行することが重要です。


(原始仏典 釈尊の言葉 スッタニパータ編 第1章8節-No.145〜149)

(感想)

一読しても、「良いことが書いて有るね」「いかにも釈尊が言いそうなことですね」と通り過ぎる人が大半かも知れません。
しかし、釈尊が、そんな当たり前のことを、ただ言い残すことはありません。

霊的には、非常に重要な、
・ 開運方法
・ 自分の運命を改善させる方法
・ 幸運を呼ぶ秘訣
・ 来生に生まれ出る環境に影響を与えるポイント
が明記されています。

人間に対しては、柔和な対応をする人が大半です。
でも、それで溜まった自分のストレスを、動物への虐待に向ける人が社会でも報道されています。
これでは、社会的には真面目であってもダメなのです。
今生でも因果を残し、来生は自分が動物に対して行ったような仕打ちをされる立場を体験することに成ります。

・ コノ世で私たちは、自分が弱い小さな動物に対して行った行為も、観察されています。
・ 完全に管理された飼育装置の中に自分自身が置かれて、自分の目の前に、自由に好きにしても良い小さな弱い生物を置かれて、さあどうするのか? を見られている。

このようなコノ世の側面を想像してください。
子供への虐待死が社会問題に成っていますが、天に観察されていたのは「親だった」ということです。
これで本性が見られた親は、今生と、更に来生において、完璧に自業自得を淡々と自分が体験することに成ります。

そして、社会で生きる上での重要な幸運を呼ぶ「心の持ち方」が説明されています。
・ 相手が劣っている、と思わないように。
・ 自分が勝っている、と思わないこと。
・ 他と比較した優劣の思いを持たないこと。

・ 他者に対して、やっつけてやりたい、という意図を持たないこと。
・ 他に対して憎悪の心を持たないこと。
・ 他の存在に対して、絶対的に慈悲(情け)の心で居ること。
このような心の持ち方と生活態度が、自分自身の運命を改善して行きます。


重要なことは、自分がもし、上記と反対の思いを持てば、
・ 運命が悪くなる。
・ 健康を失くして行く。
・ 幸運を逃す。
・ 来生に生まれ出る環境と条件が、更に悪く成る。
ということです。
これからの生き方の参考に成れば幸いです。

(伊勢白山道)
  1. 2018/06/20(水) 13:06:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<どんな環境の「今」でも、その中で嬉々と楽しむ人が最高です。どんな今の自分でも、生きているだけで最高!なのが真実です。(死後に本当に分かり、後悔します)神様という存在は、喜びの気のカタマリです。神様の気が入りますと、または自分の内在から発露しますと、嬉々とした生命のリズム・鼓動が全身から躍動を始めます。その時に、コノ世のどんな苦しい途中過程であっても、「まあ、ええじゃないか」と今を楽しむ視点を自然と持てます。今日も何が有っても「まあ、ええじゃないか」。今の中で嬉々と暮らして見せましょう。え、誰に?神様のほうが、私達が神様を見詰める何倍も何倍も、見てくれています。 | ホーム | 誰もが配られたカードで勝負するしかないのさ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikari853.blog76.fc2.com/tb.php/781-d7ef54d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)