FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

霊力の正体は、実は「相手の身に成り切れる能力だった」という側面が、秘伝のエッセンスの1つです。 感応力は、正しく使いますと、奇跡を起こす観音力も保持させることに成ります。

「相手の身になって、観ること」
2018-06-26 10:33:45 | Weblog
「相手の身になって見る」
相手の立場に立って考えることが、実際に色々な「気付き」「ヒント」「霊感」を教えてくれます。

英語でも、
・「put yourself in ~’s shoes 」(相手の靴に自分を入れて見なさい)

故事でも、
・「先意承問」(せんい じょうもん)
相手の気持ちを先に察して受けとり、その要求を満たしてあげること。

・「惻隠之心」(そくいんのこころ)
他人を思いやったり、同情する心のこと。

これを参考にしますと、どんな良いことが有るか?

(1)自分の嫌な「怒り」や、執着が薄らぐことが起きます。

最初の自分は、相手への非難と怒りばかりに取り憑かれていたのが、ふと「相手の立場」に自分が成ったと想像しますと、もし相手の私生活の問題なども知っていれば、「まあ分かるけど・・・」「でも、それでもアレは無いわ」と、沈静化への葛藤が始まります。
時間経過と共に、「相手の身に自分が立つ」と観えて来るものが有るものです。

(2)金儲けや、自分に有利なことも、観えて来る可能性を生む。

他人の気持ちに立って、自分の仕事を見直しますと、今までに気付けなかった弱点や盲点、自分が直すべきことが分かることが有ります。
これは投資先のヒントを教えてくれたり、するべき商品開発も教えてくれることが起きます。
「他人の身になって考えるだけで」、新たな気付きを自分にもたらします。

(3)相手が生き物だけでは無くて、機械製品や、電子部品、自動車などにも、「自分が成ったつもり」を想像しますと、
・ 何となく「気持ちが良く無い箇所」が分かる。
・ 修理して「欲しい」所が分かる。

という不思議な現象が個人差で生じます。
これは、霊的な「感応力」を育てる練習にも成ります。
対象は、生物、建物、部品、商品、買い物等に、など何でもOKです。

(4)霊力の正体は、実は「相手の身に成り切れる能力だった」という側面が、秘伝のエッセンスの1つです。
感応力は、正しく使いますと、奇跡を起こす観音力も保持させることに成ります。

ただし霊的な対象の場合、対象への感応に自分が呑み込まれる、取り込まれる、食われる。
そして、「自分が霊媒にされる」「使役される」という注意点が生じます。
これは、祈願することや、有料で他人の相談に乗る、ことをしなければ問題はないです。

正しい霊力、感応力、観音力は、他人への無償の慈悲心、愛情力の大きさで決まって行きます。

つまり、まず(1)〜(3)を参考にして頂ければ幸いです。
興味が有れば、(4)という未知にも繋がる可能性を秘めるのが、何と、
* 「相手の身になって考えて見ること」

ということだったのです。
単純に見えて、実は奥が深いということです。
皆様の参考に成れば幸いです。
  1. 2018/06/26(火) 13:20:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<それを自分の修行とするのだ! | ホーム | 考えて観ますと、私達の悩みも「自分が」「自分は」「自分の」という悩みばかりです。・ 誰もが「自分が」という自我の自分を失くし、・ 本当の自分(内在神と一体)に気付くまで旅行中です。これを楽しみながら、静観して生きましょう。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikari853.blog76.fc2.com/tb.php/784-d77b2574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)