FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

それを自分の修行とするのだ!


すべては自分の為の修行だった
2018-06-28 11:47:19 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編
コノ世に住むすべての人々と存在に対して、

無限に広がるような大きな愛情(慈悲・情け心)を持って接することを、

自分自身の修行とします。


自分よりも上方の世界に住む人々にも、下方に住む人々に対しても、

いかなる世界に住む人々に対しても、

境界線をもうけることをせずに、

対立の心を持つことをしないこと。

これを自分の修行とします。

(原始仏典 釈尊の言葉 スッタニパータ編 第1章8節-No.150)

(感想)

・「どんな相手にも、無限に広がるような大きな愛情(慈悲・情け心)を持って接しましょう!」

このように言われましても、多くの人々の内心では、
「ハイハイ、それは良いことですね〜。 でも、現実には、そんなこと出来るかい!」
と思われるかも知れません。

でも釈尊が仰りたいのは、ただのキレイ事では無くて、
・ それを自分の修行とするのだ!
ということなのです。

魂の本当の修行とは、聖地へ行ったり、滝に打たれたり、書かれた御経を読んだり、瞑想したりと、ということではありません。
こんなことはアノ世に帰れば何の修行にも成らな「かった」のです。
自分一人で楽しんだ、ただの我慢比べ、山で行うアスレチック運動をしていた、というレベルなのが霊的な真相です。

それよりも真の霊的な修行とは、
・ 雑多な欲望渦巻く社会の中で。
・ そういう中でも、どんな嫌な他人にも、愛情の視線を持って接すること。
最初は嫌でも、これを自分自身の「修行」とする訳です。


これは自分の魂にも霊体にも、よく効く、よく響く、「本当の」修行と成り得ます。
以上の話は、コノ世に非常に多い「霊的な勘違い」「間逆な行為」を指摘しています。

・ 真の霊的な修行は、日常生活の中にこそ在る。

これが家族同士の間にも、大きな課題として誰にも言えます。
家族関係も、苦痛で悩む人が多いものです。
でも、それを「自分のための修行」という視点で、見ればいかがでしょうか?

嫌な会社ほど、実は霊的には最高の修行場だった。
これが「霊的には」言える訳です。
アノ嫌なお局様の女性も、直ぐにどなる色情の上司も、地獄の中の鬼のように、自分の魂を鍛えてくれたと思いますと、後からは良い思い出に変わるものです。

私も仕事において、昔の上司や、雪国で育った厳しい社長の発言などを思い出すことが今でも有ります。
「売上のない営業マンなどは、他の社員のお情けで食わせてもらっているOOOだと思え!」
など放送禁止用語を連発されたものです。

しかし、今となっては、社会の現実を教えてくれた、その後に私が甘い道へと迷わなかった恩人だという、良い思い出に変わっています。
山に行く必要も、聖地に行く必要もありません。

・ 今の自分の生活環境を、最高の修行場・道場にすること。


これならば、今から直ぐに自分のための真の霊的な修行を始めることが可能です。
心配な自分の子供も、「本当に良い親修行をさせてくれるものだ」という視点で見直しますと、これから見る世界が変わって行くものです。

釈尊の視点は、現代にも十分に通用する実践的に役立つ内容であり、
・ 今の自分の環境の中で在っても、「そこに」天国を実現させる可能性に満ちています。
今の自分の生活の中で、「自分なりに」頑張って見ましょうか。

(伊勢白山道)
  1. 2018/06/28(木) 13:33:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<睡眠に落ちている時以外は、 無限に広がるような大きな愛情(慈悲・情け心)を思いつつ、 いつでもこの愛情の中に、自分の心を住まわせるようにしましょう。 | ホーム | 霊力の正体は、実は「相手の身に成り切れる能力だった」という側面が、秘伝のエッセンスの1つです。 感応力は、正しく使いますと、奇跡を起こす観音力も保持させることに成ります。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikari853.blog76.fc2.com/tb.php/785-93cf1430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)