FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

もし今の自分の生活環境において、「これは良い、これは悪い」という思考を完全に取り去って生活してみますと、新しい視野が広がることでしょう。

「これは良い、これは悪い」という分別思考について
2018-08-01 10:50:25 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編
七岳山の神霊に対して、雪山の神霊が問い掛けます。

「釈尊という者は、

・ すべての生き物に対して、本当に公平に慈悲深くいることが出来ている人なのだろうか?

・ これは良いとか、これは悪いとか、このような分別の判断から、完全に卒業が出来ることに成功した人間なのだろうか?」

(原始仏典 釈尊の言葉 スッタニパータ編 第1章9節-No.154)


七岳山(しちがくさん)の神霊が、雪山の神霊に対して答えました。

「釈尊は、

・ すべての生き物に対して、完全に公平に慈悲深くいることが出来ている人である。

・ これは良いとか、これは悪いとか、このような分別の判断から、完全に卒業した人です」

(原始仏典 釈尊の言葉 スッタニパータ編 第1章9節-No.155)

(感想)

二神の神霊が問答する内容を、逆の視点で分析して見ましょう。

・ 人間や動物たちや、すべての生き物を、真に公平に見ることが出来る人間は、まず居ない。

・ 神々は、どんな生き物も公平にしか見ない。
しかも、どんな生き物に対しても、慈悲深くしか見ない。

・ これは良いとか、これは悪いとか、このような分別の判断から、完全に卒業していることが、人間と神霊の違いである。

このように言い換えることも可能です。
考えて見ますと、普通の人間の行動原理とは、買い物にしても、対人関係、勤務する会社名、学歴名称、食べ物、好きな有名人、自分の好きな趣味、住んでいる場所、・・・・。

そのすべての根底に在りますのは、
・ これは良い、これは悪い、というような分別の判断を誰もが無意識にしている可能性。
これが確かに言えます。

神霊は、このような分別思考が有る内は、まだまだ転生する魂である。
釈尊は、このような分別を本当に卒業した人間なのだろうか?
と判断する重要なポイントに上げています。

もし今の自分の生活環境において、「これは良い、これは悪い」という思考を完全に取り去って生活してみますと、新しい視野が広がることでしょう。

・ 自分の容姿の優劣を気にする人ほど、実は、他人を容姿で分別したい人かも知れません。

・ 自分の収入が少ないことに劣等感を思っている人ほど、自分が大金を得れば態度が変わる人かも知れません。

赤ちゃんには、このような分別が一切なく、何かの違いを気にすることも無く、笑っているか、泣いているかです。

・ 人間であるとか、猫であるから、犬だから、という生命体への分別も、神霊には一切無い。
すべてが1つなる根源存在の分神である。

これにつきましては、動物好きな人は簡単に「私もそうなの!」と同意をするかも知れません。しかし、「慈悲」(じひ:情け心・愛情力)の視点では、その「深さ」が問題なのです。

神霊の視線では、すべての生物の外見が消え去って、「光のカタマリ」としか見えないから、生命体への区別が無いとも言える訳です。
動物好きな人は、ペットの外見のモフモフ感を好きと言っているレベルかも知れません。
光だけの生命体になっても、それを好んで本当に愛することが出来るのか?
これが問題に成ります。

要するに人間は、生命体にしても、自分の好みにしても、その「見かけだけ」「外側の輪郭だけ」「外側の皮膚だけ」で分別をしたり、公平に見ることが出来ると主張している可能性に注意してください。

その中身を愛しているのか?
これが神霊レベルに成りますと、これしか無い訳です。
二神の神霊が釈尊を審神(サニワ:判断すること)する問答が、まだまだ続きます。
神霊が見るポイントを順番に見て行きましょう。

(伊勢白山道)
  1. 2018/08/01(水) 19:29:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<多くの人が、過去の自分が経験した記憶で苦しんでいます。 そのために、今の貴重な時間を浪費しているかも知れません。 だから、神様の大きな脳へと、早く嫌な記憶だけをわたせば良いのです。 そして、良い記憶だけを抱えて生きれば良いです。 | ホーム | 「自分の心は、他人を見ている時に何を思っているのか?」 これを見て行きましょう。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikari853.blog76.fc2.com/tb.php/788-1ab4daa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)