FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

今のここに住み切った人から、自由に成れる秘密がコノ世に在ります。過去の聖者たちが、誰もが経験した過程に、・ 今の瞬間しか実在では無かった。・ 今の瞬間以外は、自我が創造した「前」・「後」という時間の観念であり、これは幻想。・ 時間は無かった、存在しない。今という瞬間に生き始めた人間が思う意志力は、コノ世で非常に透き通るように貫徹しやすい力を持ち始めます。自分が思う力が、創造力を持ち始めます。「こうなれば良いな」、と自分が思ったことが、願わなくても叶い始めます。・ 自分の今の現状を、逃げずに正しく見ましょう。・ 過去も未来も頼りに生きずに、今日も今のこの瞬間・瞬間を生きてやろうと思うことです。・ 今のこの瞬間に生き切ることが出来れば、時間が止まり、心身の若返り現象も起こることです。

創造力を保有し始めるには
2018-09-15 11:24:51 | Weblog
昨日の記事「今の相手だけを見る大切さ」におきまして、
・ 相手の、いつの時代を見ているのか?
・ 今の相手を正しく見ているのか?
という命題(めいだい:文章が主張する重要な意味内容)がありました。

では、私達は、
「自分自身のいつの時代を見ながら、生きているのか?」
これも人により、様々であり、その人の人生に影響を与えている重要な視点なのです。

* 過去の苦しかった時の、自分から抜け出せない人。
その時の関係する人物を、今でも恨みながら、見続けながら生きている人。

* 過去の幸せだった時の自分を見ながら、それを頼りに生きている人。
今よりも、過去の中に住んでいる人。

* 若者ならば、ただ未来を夢想しながら、今の状態を抜け出すように生きているかも知れません。

とにかく言えますことは、
・ 今の中に生きている人は少ない。
・ 今は、ただ時間が経過するのを待っている、見ている人が多い。
・ 早く終われ、と思っている人も居ます。

人類は、今という瞬間の中に生きることが出来ずに、
・ 過去の時代に住もうとする癖を持つか、
・ 今という瞬間を惰性で生きながら、その素晴らしさを見ようとはしない・出来ない。

でも、答えは今のここに在ります。
今のここに住み切った人から、自由に成れる秘密がコノ世に在ります。
過去の聖者たちが、誰もが経験した過程に、
・ 今の瞬間しか実在では無かった。
・ 今の瞬間以外は、自我が創造した「前」・「後」という時間の観念であり、これは幻想。
・ 時間は無かった、存在しない。(アインシュタインもこれを物理学から主張した)


以上は難しく思われることでしょう。
それでも、だって、という疑問が湧いて来るものです。

では、今という瞬間しか無いことが分かれば、何か良いことが有るのか? 金でも儲けられるのか?
と思う人もいます。
その答えは、それが無きにしもあらず、なのです。

その理由は、今という瞬間に生き始めた人間が思う意志力は、コノ世で非常に透き通るように貫徹しやすい力を持ち始めます。
自分が思う力が、創造力を持ち始めます。
「こうなれば良いな」、と自分が思ったことが、願わなくても叶い始めます。


過去の時間に住む人は、いくら祈願しようが、思うことも、何も実現力が持てないのです。
終わった過去に、自分の意識が住むからです。
今の自分も、停止をすることに成るのです。
これでは生けません。

・ 自分の今の現状を、逃げずに正しく見ましょう。
・ 過去も未来も頼りに生きずに、今日も今のこの瞬間・瞬間を生きてやろうと思うことです。
・ 今のこの瞬間に生き切ることが出来れば、時間が止まり、心身の若返り現象も起こることです。


過去に生きる人は、老けるのも早まります。心身の弱体化も起こります。
まして、済んだ過去を恨みながら、気にしながら生きることは、これを加速させます。
この理由は、済んだ過去には、魂の原子炉がもう無いからです。

魂の原子炉は、常に今の瞬間に燃え続けています。
今の重要性に気付くことを繰り返すことは、原子炉にさらに燃料を注入します。
芸術は爆発だ〜〜!と叫んだ芸術家がおられましたが、
生きる誰もが今のこの瞬間に、生命の輝きの爆発を繰り返しています。

これに気付くことが、自分の創造力をもたらします。
自分が思うことが叶い始める、これを体験する人がこれから増えます。

(伊勢白山道)
  1. 2018/09/15(土) 18:59:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<・ 心の中のお喋りを止めて、心を沈黙させる試みをすること。 これに今日から挑戦することを参考にしてください。 | ホーム | 真理を深く理解した者は、悪徳な利益は続かないから、そういう機会から更に離れて捨てに捨てて行きます。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikari853.blog76.fc2.com/tb.php/791-9caf76b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)