FC2ブログ

集団ストーカーと電磁波攻撃Ⅱ【自分用のデータ保存】

こちらのサイトはあくまで私的なものです。 自分用のデータ保存のためのブログです。

期間限定のプレゼント

伊勢白山道からの記事の引用

最中を楽しむ
2010-09-30 11:00:00 | Weblog

今が苦しいと思っている人が多いですが、それは勘違いです。それは貴重な期間です。
なぜなら、物事は必ず流れて変わって行き、そして終わる時が来るからです。

後から早回しの映像で見た時、苦しかった時が自分にとって一番大切で、貴重で、有り難い時だったのが分かります。
そして、その時の自分の魂が輝いていたことも知ります。

私は生まれる前からの記憶と意識の断片を残したまま誕生し、この世の0歳からの記憶も維持しています。
昔話をすれば、建物の詳細から出来事まで、一番覚えているのは家族の中でも私です。
よく親に成人してから言われたのは、私が3歳まで日本語を覚えないので心配したとのことです。
ずっと意味不明な外国語のような言葉で親に話しかけていたのです。
まるでインド風な言葉だったと。
この時の自分自身のもどかしさを今でも覚えています。
懸命に日本語に「同調」しようとするのですが、口から出る言葉は過去生の言葉しか出ませんでした。
そして、生まれてから利き腕が左利きだったのを、小学校に上がる前に右利きに矯正されてから、過去生の言葉は完全に消えてしまいました。

赤子の時の景色を見ていた自分と、今の中年の肉体をまとう自分は、心がまったく同じなのです。
成長も退化もしていない、まったく同じ状態です。
ただ、今の文明の知識と垢が身についただけであり、生活の景色を眺(なが)めている自分の心は不変な一定なのです。
今生の私が(自我)死んでも心は残り、今のままでしょう。
なぜなら過去生もまったく同じ心だったのを覚えているからです。
これは皆さんも、まったく同じなのです。忘れているだけです。
死後に必ず思い出す法則になっています。

心とは、成長も退化もしない一定不変な神性なのです。
だから、今の自分の状態を眺めましょう。
もし今が苦しければ、自分の永遠不滅な心でもって静観をしましょう。

この世のどんな刺激も、自分の心を傷付けることは絶対に不可能なのです。
傷付いているのは、自分の自我だから大丈夫なのです。
だから逆に見届けてやれば良いのです。

すべてが必ず良い思い出に変わります。
この世の時間は短く、必ず終わりが来ます。

あの世は時間が止まった、退屈な変化の無い世界です。
この世の苦しみや楽しみ、悲しみ、ハラハラドキドキこそが時間限定の、「神からの貴重なプレゼント」なのです。
今の生活状態に成り切りましょう、没入しましょう。
                                                                  引用ここまで

今日の記事は、ほっとする内容でした。
又、読み返したい記事でしたので、ブログに引用させてください。

毎回毎回よくも、これだけの文章が書けるものだと感心します。
リーマンさんや、ふぐり玉蔵さんのような、文章力があれば、魂を震わせるような文章が書けるならば、この組織的犯罪の広報力となるのに。。。。
残念ながら私にはありません。

一つには、批評論評じゃなく、自分の体験から語っているのが、読者を引き付ける要素になっているのかなと感じます。

「苦しかった時が自分にとって一番大切で、貴重で、有り難い時だったのが分かります。そして、その時の自分の魂が輝いていたことも知ります。」

確かに、私の体験からも精神的に苦しい時というのは、自分の心構え一つ、取り組み方一つで、霊的に飛躍的に成長できるというのは確かですね。

当時は、苦しかっただけだったですけれど、今思い起こすととても懐かしく貴重な期間であったことを知ります。

今経験してることもいつかきっと、そういうふうに思える時が来るのでしょう。
私も、最中を楽しみます。
「必ず終わる時が来る」ことだけは確かなことですからね。
  1. 2018/10/18(木) 23:33:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今の現状を感謝の気持ちで味わう「覚悟」を決めた時から その人に改善と幸運が訪れ始めます。 | ホーム | 「なるように成る」事を受け入れる勇気>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikari853.blog76.fc2.com/tb.php/802-6a7a59d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)